国民性一覧

バレンタインの義理チョコは日本だけ。ホワイトデーのお返しに喜ばれる物

バレンタインデー・ホワイトデープレゼント事情
海外のバレンタインデーとの1番の違いは、「男性から女性へプレゼントを贈る」という点です。また、贈るプレゼントの内容も異なり、チョコよりも、花やケーキ、カードなどが定番のようです。 記事を読む

日本の常識、世界の非常識。国が変わればマナーも変わる!?

グローバルビジネスの常識・非常識クイックガイド
海外に行く際はトラブルなどを避けるために、その国の習慣やルールを覚えておいた方が無難です。なぜなら、「郷に入れば郷に従え」のことわざは、現代のグローバル社会にもあてはまるからです 記事を読む

米大統領選挙は名言連発のドナルド・トランプ氏勝利。日本への影響は?

今からわかる大統領選
トランプ氏は、当初から「米国第一主義」を掲げ、アメリカの同盟国に対し、「駐留米軍のすべての経費を支払うべきだ」という発言を繰り返し、在日米軍撤退の可能性にも言及しています。 記事を読む

仕事で「やりがい」や「大切なこと」は?みんなが職場に求めるもの

アジア5ヶ国の若手ビジネスパーソンの職業観
アジア各国では、職業観が国ごとに異なるため、今後現地の人材をマネジメントするような機会がある方は、その違いをを知っておくと良いかもしれません。 記事を読む

月見(十五夜)カレンダー。日本人と月の密接な関係

満月暦2016
日本では、月の表面の模様は餅をつくうさぎとして親しまれていますが、世界の各国では、「大きなはさみのカニ」や「バケツを運ぶ少女」など様々。 記事を読む

ワインを飲む量が多い国はどこ?毎日は危険!飲みすぎは発がん性を高める

世界のワイン消費量TOP20
ワインの健康神話は、既に過去のもの!?2009年にフランス政府が打ち出した公式見解が世界に大きな衝撃を与えました。それは「赤ワインをあまり飲まないように!」というものでした。 記事を読む

カップヌードル誕生から間もなく50年。世界80ヶ国以上で独自に進化

世界のご当地カップヌードル。各地で独自に進化
今は世界中で大人気のカップヌードルですが、発売当時は全く売れませんでした。理由は、従来のラーメンと比べて4倍も高く、かつ目新しいカップの容器が商品として見なされていませんでした。 記事を読む

国旗の持つ色の意味。世界で一番利用される国旗記号や色は何?

最も利用されている国旗の色は赤
世界31ヶ国で利用されている「赤系」が一番多い色です。次に多く利用されている色は28ヶ国で利用されている「青系」、その次に「緑系」、「白」、「黄」と続きます。 記事を読む

幸福度と教育の関係。日本を含むアジアが上位独占

子どものテスト点数と満足度をグラフに
韓国、エストニア、フィンランドなどはテスト結果は良いですが、幸福度は最低。韓国の社会情勢は、依然として回復せず苦しい状態が続いてことも影響していそうです。 記事を読む

国によって色の見え方が変わる3つの理由!答えの一つは文化

色が持つ国の文化
国旗は国ごとに様々な色があり、その色は国の心情や感情、思想や観念など表しています。その影響もあり、色の見え方が住んでいる地域によって違うって知っていましたか? 記事を読む

世界で一番紙を使う国はどこ?日本の古紙回収率がスゴイ

世界の一人当たりの紙消費量ランキング
今までは、私たちの生活に「紙」は欠かせないものでした。しかし、インターネットの普及によりその需要は徐々に減っていっていますが、紙はなくなるのでしょうか。 記事を読む

チーズ食べる国No.1は美食の国フランス。その量は日本の12倍

世界で最もチーズ好きな国はどこ?
フランスでは食事のたびにチーズを食べます。食事のコースは前菜、メイン料理、チーズ、デザート。ある作家は「チーズのない食事は、片目しかない美女のようなもの」と言ったそうです。 記事を読む