温泉を楽しむ5つのルールと10個のマナー。外国人も日本人も再確認

温泉の正しい入り方

ここ数年外国人観光客が右肩上がりに上昇中。2015年は過去最高の外国人観光客数になりそうです。

そのうち中国人観光客が50%をぐらいの数を占めているようで、2020年の東京オリンピックまでは、今後も外国人観光客は増えていく予想だそうです。また観光客だけでなく、コンビニや飲食店スタッフに外国人が多くなってきています。日本のグローバル化は、確実に進んでます。

外国人観光案内所数として認定されているのは、全国で525件あります(※2015年7月現在)。都道府県別で見ると東京:43件、静岡県:36件、北海道:35件が上位認定エリアです。最近では「道の駅」が、外国人観光案内所として認定されました。

日本の観光名所として「温泉」が代表的なものの一つにあげられますが、外国人観光客には「温泉のルールとマナー」は守ってもらいたいですね。そのためには私達日本人が、外国人観光客の模範となる必要がありそうですね。

東京にある天然温泉オススメ20選

  1. 前野原温泉 さやの湯(板橋区)
  2. 東京染井温泉Sakura(豊島区)
  3. THE SPA 成城(世田谷区)
  4. 秋川渓谷 瀬音の湯(あきる野市)
  5. 稲城天然温泉 季乃彩(稲城市)
  6. 天然温泉いこいの湯多摩境店(町田市)
  7. 深大寺天然温泉 湯守の里(調布市)
  8. 極楽湯 京王高尾山温泉(八王子市)
  9. 縄文の湯(府中市)
  10. 天然温泉 テルマー湯(新宿区)
  11. 大江戸温泉物語(江東区)
  12. おふろの王様(小平市)
  13. 両国湯屋江戸遊(墨田区)
  14. 美しの湯(杉並区)
  15. もえぎの湯(西多摩郡奥多摩町)
  16. なごみの湯(杉並区)
  17. 竜泉寺の湯(八王子)
  18. ロテン・ガーデン(町田市)
  19. 極楽湯 多摩センター店(多摩市)
  20. 天然温泉 平和島(大田区)

温泉マナーアニメ

インフォグラフィック:温泉を楽しむ5つのルールと10個のマナー。外国人も日本人も再確認

温泉の正しい入り方

参照元:http://tg.tripadvisor.jp/enjoy-onsen/


温泉に入るためのマナー事情

正しい温泉の入り方

  1. 湯ぶねに入る前には必ず、洗い場にて全身を洗って汚れを落とす
  2. 体の末端から頭に向かって「掛け湯」をして、お湯の温度に体を慣らす
  3. 湯ぶねには静かに入る。最初はみぞおちまで湯に浸かる「半身浴」を
  4. 「全身浴」では体を浮かせたり、手足を動かして血行を促進させる
  5. 額が汗ばむ程度で湯船から出る。温浴効果を保つため、体は洗い流さない

温泉とは?

温泉法によると、温泉とは「地中から湧出する温水、鉱水及び水蒸気、その他ガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く)で、温度接し25度以上、または別に定められた19種類の物質のうち一つが含まれている物」をいいます。

温泉の歴史

日本は古来より火山活動が活発で、温泉は古くより伝説や神話にも登場しています。最も古い記述は、7世紀後半より編纂された「古事記」「日本書紀」「万葉集」などに残っています。

温泉効果

温泉には疲労回復や健康を保つなど、さまざまな効果が期待できます。温泉水に含まれるミネラル成分が肌に浸透し、体のいろいろな症状に効果があることが医学的にも証明されています。

温泉10つのマナー

  • 温泉が熱くても、勝手に水で薄めてはいけません。
  • のぼせ防止で、入浴中は冷たいタオルを頭の上にのせましょう。
  • 湯ぶねの中にタオルを入れてはいけません。
  • 長い髪は束ねて、湯ぶねの中に落とさないようにしましょう。
  • 水着の着用はできません。
  • 入浴後は水分と休息をしっかりとりましょう。
  • タトゥーが入っている人は、原則入浴できません。
  • 湯あがりは体を拭いてから脱衣所へ。
  • 食後すぐや、飲酒後の入浴は避けましょう。
  • 湯あたり防止のため、入浴回数は1日3回に留めましょう。