国会議員年収が世界一高い日本。選挙=税金の使い道選択

政治家の給与や所得の不平等(政治家と市民の収入格差)

「税金の使われ方が不透明」「議員の裏金問題」などニュースで報じられていますが、日本の政治は一体どうなってしまっているのでしょうか。

政治家の暗闇が、次々と表ざたとなり私たちの不安や怒りが募るばかりです。

そんな日本の国会議員の報酬は世界で一番高く、年間2,000万円以上もらっていることが分かっています。2位はアメリカ、3位はドイツですが、日本の国会議員報酬の高さがズバ抜けていることは明らかです。

また世界的に政治家の所得は高くなる傾向がありますが、ケニアにいたっては平均的な収入の97倍もの差があります。一般市民が一生かけて手に入れる収入を1年間で得てしまうって・・・。「権力・汚職・麻薬」といったキーワードが、頭の中をよぎってしまったのは私だけではないと思います。

対照的にノルウェーやハンガリーは、一般市民の平均収入とほぼ変わりません。余談ですがノルウェーは、レガタム繁栄指数で2015年までの7年間ずっと1位の世界で最も豊かな国です。

レガタム繁栄指数・・・142ヶ国を対象に、「経済・起業とそのチャンス・政治状況・教育・健康・安全度・個人の自由・社会資本」の8カテゴリを評価した指数

政治家は国民の生活を守るため、よりよくするためにする仕事ですが、一般市民の私たちの2倍以上の給与を得るのはいかがなもでしょうか。あなたは今の日本の社会情勢で、国会議員の年収(給与)はいくらが妥当だと思いますか。

次の選挙はいつも以上に慎重に。

余りにヒドイ!民主(千葉)・小西ひろゆき参議院議員

インフォグラフィック:国会議員年収が世界一高い日本。選挙=税金の使い道選択

政治家の給与や所得の不平等(政治家と一般市民の収入格差)

参照元:http://www.vox.com/xpress/2014/10/21/7027417/politicians-overpaid-Kenya-inflated-wages


政治家と一般市民の収入格差のまとめ

  1. ケニア:一般市民との格差97倍
  2. パレスチナ国:一般市民との格差24倍
  3. モロッコ:一般市民との格差17倍
  4. ヨルダン:一般市民との格差14倍
  5. レバノン:一般市民との格差13倍
  6. ボリビア:一般市民との格差倍
  7. チュニジア:一般市民との格差6倍
  8. ナミビア:一般市民との格差6倍
  9. サウジアラビア:一般市民との格差4倍
  10. アメリカ:一般市民との格差4倍