天然ガスは環境に優しく、経済的。今後は石油に並ぶ2大エネルギー源

天然ガスの黄金時代到来

1990年頃からアメリカをはじめとする国々でシェールガスが注目されるようになりました。しかし当時は、技術的に抽出することが困難だったため普及していませんでした。

それが2000年代に入って水圧砕法(スイアツサイホウ)や水平坑井掘削技術によって採取する技術が確立した結果、シェールガス革命(シェールガスブーム)となりました。
※シェールガスとは、泥が水中に堆積(タイセキ)してできた頁岩(ケツガン)層から採取される天然ガス。

天然ガスは「環境に優しく、経済的、可採年数」など、石油や石炭と比べて魅力的な点がたくさんあります。日本では、海外に比べてあまり利用されていないエネルギー源でしたが、東日本大震災後一変しました。

脱原発の流れを背景に、発電用燃料としての天然ガスの需要が急増。天然ガスの需要は日本だけでなく世界中で高まり、2035年頃は石油と並ぶ2大エネルギー源になると予想されています。

もしも、石油がなくなったら

インフォグラフィック:天然ガスは環境に優しく、経済的。今後は石油に並ぶ2大エネルギー源

天然ガスの黄金時代到来

参照元:http://doda.jp/engineer/mono/guide/002/004.html


エネルギーが変わる原油・石炭から天然ガス事情

CO2排出量

同じ熱量のエネルギーを得るために排出されるCO2の量を比較。石炭、石油に比べて、天然ガスはクリーンなエネルギー源であることが分かる。

  • 石炭:100
  • 石油:80
  • 天然ガス:57

1バレル当たりの価格

各エネルギーの現行価格を石油バレルに換算して比較すると、天然ガスはコスト面で石炭にやや劣るものの、原油よりも圧倒的に有利。

  • 原油:1バレル/約90ドル
  • 天然ガス(生ガス):1バレル/約30ドル弱
  • 石炭/約30ドル弱

可採年数

在来型の資源だけで比較しても、天然ガスの可採年数は石油よりも有利。シェールガスなどの「非在来型資源」を含めると、天然ガスの可採年数はさらに大きく伸びる。

  • 非在来型:44年
  • 非在来型:59年
  • 石炭:143年

世界の発電燃料需要の見通し

2035年には、石油と並ぶ2大エネルギーに!!

震災前後の日本の電源構成

<2010年10月の電源構成>

  1. 原子力
  2. LNG火力
  3. 石炭
  4. 水力
  5. 石油

<2012年12月の電源構成>

  1. LNG火力
  2. 石炭
  3. 石油
  4. 水力
  5. 原子力

天然ガスを起点とした産業の広がり

<天然ガス由来の石油化学品>

化学繊維やレジ袋、洗剤容器など、石油化学製品の原料となるエチレンの大半は、従来、石油を原料として製造されてきた。しかし、シェールガス革命を機に、天然ガスからエチレンを合成し、化学品を作り出すプラントの計画が増えている。

<工場・家庭などコージェネ>

コージェネレーションシステムは天然ガスを燃料として電気と熱。動力などを同時に生み出すシステム。工場での発電・冷暖房用途が主だが、省エネルギー・省コスト意識の高まりを背景に、一般家庭への導入も進んでいる。

<肥料の原料>

窒素系肥料は化学肥料全体の6割を占めており、さらにその約6割が尿素系肥料。東洋エンジニアリング株式会社は尿素合成プロセスのライセンサーとして、海外で多数の肥料プラント建設を手掛けてきた。

<常温量通可能な液体燃料>

GTL(Gas to liquids)技術によって生み出された液体燃料はLNG(液化天然ガス)とは違い、常温・常圧での流通が可能。経由・灯油の代替品として利用できるクリーン燃料として、今後、利用の増大が見込まれている。