丼レシピ日本代表15選抜。日本各地で育った食文化

丼ぶりって何?

あたたかいご飯の上に魚や肉、野菜などの具をのせるだけで「丼」は、完成です。もちろん具材には、天ぷらにしたり、醤油に漬けこんだりと下準備は必要です。

そんな丼は日本人だけでなく、外国人旅行者にもとても人気のある日本食。定番の丼には、どんな種類があるのでしょうか。日本のどこにでもあるド定番の牛丼やかつ丼、親子丼は珍しくありません。しかし丼には、日本各地にご当地丼があります。

東京はアサリ、ハマグリ、アオヤギをのせた「深川丼」、静岡はしらすをのせた「シラス丼」、名古屋は、味噌カツをのせた「味噌カツ丼」。関西圏では、お揚げとネギを甘辛く卵で閉じた「きつね丼」が定番。

一方あまりメジャーではありませんが、大分のブリやサワラ、アジなどのせた「ひゅうが丼」。港から遠洋漁業に出た男達が、海で獲った魚をその場で捌き、船上で豪快に食していたという郷土料理。

ちなみに丼の由来は江戸時代、一杯の量り売りの飲食店が「慳貪屋:ケンドンヤ」があり、そこで使われていた鉢が、「慳貪振り鉢:ケンドンブリバチ」呼ばれ、それが略されて「どんぶり」になったそうです。

牛丼大手4社一番うまいのはどこだ

インフォグラフィック:丼レシピ日本代表15選抜。日本各地で育った食文化

丼ぶりって何?

参照元:http://tg.tripadvisor.jp/news/graphic/donburi/


英語で紹介される様々な丼ぶり

丼ぶりとは

普通のご飯よりも多いご飯がボールの中に入っていて、具の上から出汁が上からかけれている。これは日本で一般的な食べ物です。ライスボールは払いティに富んでいて肉、魚、野菜のトッピングがある。丼ぶりは、しばしば「丼」と略されます。

牛丼:牛

醤油ベースの汁で煮られた牛肉と玉ねぎをご飯の上にのせる。あなたがもし生卵が好きならば、追加することができる。普通より汁を多く追加ことは、汁だくと呼ばれます。

かつ丼:豚

ポークカツレツは、パン粉をつけて揚げる。トンカツを玉ねぎと醤油ベースの汁で玉ねぎを煮込み、卵でとじたもの。

鉄火丼:魚

ソースにつけたマグロをボールに並べる。その丼は、鉄火丼と呼ばれる。なぜなら、赤いマグロは熱い鉄を思わせるから。普通のご飯の代わりに酢飯が使われる。

親子丼:鳥、卵

鶏肉と玉ねぎは、醤油や酒などを合わせて煮て、ご飯の上にのせる。そして卵を一番上にのせる。その丼は、親子丼と呼ばれる。なぜなら、鶏肉と卵の両方が使われているから。

海戦丼:魚、貝、海老

ご飯の上にマグロ、エビ、ホタテ、いくら、鮭などの新鮮な魚介類をのせる。あなたは、食べる前に別々に分けられた醤油とわさびを混ぜて、丼にかける。

天丼:魚、貝、海老、野菜

ご飯の上にエビや魚、野菜などの天ぷらをソースをよくつけてのせる。あなたは、高級な天ぷらレストランや安いファーストフードの天丼で試すことができる。

うな丼:ウナギ

ウナギは砂糖や酒入った濃口醤油にをつけて焼かれ、ご飯の上にのせます。これは精をつける食事です。

中華丼:豚、卵、海老、サヤエンドウ、キノコ

ご飯の上に四季折々の野菜やシーフード、肉などと一緒にあんかけする。中華丼は昭和初期に日本で生まれた。

深川丼:貝

新玉ねぎと醤油ベースの出汁であさり、ハマグリを弱火で煮て、ご飯の上にのせる。東京のローカル丼。

豚丼:豚

豚肉を切って炙り、あまいソースと絡めて一緒にご飯の上にのせる。北海道の帯広、十勝の郷土料理。

ひゅうが丼:まぐろ

ひゅうが丼は、漁師たちが漁をしている間に素早く食べるために考えられた。大分県津久見町の有名な丼。

きつね丼:ネギ、卵

卵と一緒に油揚げ、九条ネギをのせる。きつね丼は、親子丼に似ている。しかし、鶏肉は入っていない。関西地区で食べれる。ベジタリアンにピッタリ。

味噌カツ丼:豚

ベースはかつ丼。愛知県の郷土料理の八丁味噌と呼ばれるこげ茶の味噌を独自に甘くしてかける。名古屋で有名な丼。

しらす丼:しらす

初夏に捕まえたシラスは、醤油出汁と一緒にご飯の上にのせる。中央に卵をトッピングすることは、赤富士丼と呼ばれる。