ミツバチが地球から謎の大量失踪。蜜蜂無しで人間は4年生きられない

ミツバチが消える日

知らない人が多いかもしれませんが、今世界各地のミツバチに異変が起きています。インフォグラフィックを見ていただくとわかるようにミツバチが激減しています。

2006年のミツバチの大量失踪は大きなニュースとして取り上げられました。ミツバチの減少は、農薬や病気、ストレス、ダニ、寄生虫、気候変動、干ばつ、大気汚染など様々な説がありますが、原因は特定されていません。

花をつける植物は世界中に約25万種あり、そのうちの75%の約18万種が受粉を必要としています。その花粉媒介の役割を担っているのがミツバチなんです。

驚くべきことに世界の食料供給量(リンゴ、イチゴ、モモ、サクランボ、スイカ、メロン、キュウリ、大豆、タマネギ、ニンジンなど)の90%以上がミツバチの受粉に頼っています。

もしミツバチが地球上からいなくなると、人間は4年以上は生きられない。ミツバチが消えると受粉ができなくなり、植物が消える。そして人間が消える。

この言葉は、アインシュタインが言ったいわれてる有名な言葉です。人間の運命は、ミツバチが握っているといっても過言ではありません。一日も早く、ミツバチ大量失踪の原因究明が待たれます。

ミツバチ失踪深刻事態(日本)

インフォグラフィック:ミツバチが地球から謎の大量失踪。蜜蜂無しで人間は4年生きられない

ミツバチが消える日

参照元:http://blog.ukara.co.jp/entry/2014/04/02/064549


ミツバチ減少に歯止めがかからないミツバチの数事情

  • 1970年代
    ミツバチの個体数減少が報告される
  • 1990年代後半
    ミツバチの個体数激減が始まる
  • 2006~2007年
    ミツバチの大漁失踪現象が世界各地で発生
  • 2035年
    このままではミツバチが消える・・・?