仕事で「やりがい」や「大切なこと」は?みんなが職場に求めるもの

アジア5ヶ国の若手ビジネスパーソンの職業観

みなさんは、仕事をするうえで何をもっとも大切だと考えていますか?

今回アンケート調査が行われたアジア各国(中国、韓国、 インド、タイ、マレーシア、インドネシア、ベトナム、日本)の回答では、断トツで1位が「高い賃金」です。しかし、唯一日本だけが違うという面白い結果となっています。そして2番目からは、各国それぞれが重要視している項目の違いが顕著に表れています。

人によって、働く目的や求めているものは様々ですが、一つの国として分けてみると国民性としての結果が見えてきます。アジア各国では、職業観が国ごとに異なるため、今後現地の人材をマネジメントするような機会がある方は、その違いをを知っておくと良いかもしれませんね。

仕事をするうえで大切だと思うもの(日本人の場合)

  1. 良好な職場の人間関係:56.0%
  2. 自分の希望する仕事内容:51.3%
  3. 適切な勤務時間・休日:49.0%
  4. 高い賃金・充実した福利厚生:39.0%
  5. 雇用の安定性:36.3%
  6. 正当な評価:25.3%
  7. 自分の希望する勤務地:20.7%
  8. 明確なキャリアパス:10.5%
  9. 教育研修の機会:4.8%
  10. 会社のステイタス:4.8%

日本人の仕事観について語る

インフォグラフィック:仕事で「やりがい」や「大切なこと」は?みんなが職場に求めるもの

アジア5ヶ国の若手ビジネスパーソンの職業観

参照元:http://www.recruit.jp/meet_recruit/2015/01/dt03.html


アジア5ヶ国の若手ビジネスパーソンの職業観

あなたはどの国に共感する?

ベトナム「向上心をもち、頑張って勉強します!」

調査項目:仕事をするうえで大切だと思うもの/教育研修の機会

インド「立派でステイタスのある企業で働きたい!」

調査項目:仕事をするうえで大切だと思うもの/会社のステイタス
大切にしている事項が幾つかあるが、他国との違いが最も表れているのがステイタス

韓国「自分に合った働く時間と休日はキッチリほしい!」

調査項目:仕事をするうえで大切だと思うもの/適切な時間・休日

中国「将来性が大事!明確なキャリアパスを求む!」

調査項目:仕事をするうえで大切だと思うもの/明確なキャリアパス

日本「仲の良い人間関係を大事にする環境で働きたい!」

調査項目:仕事をするうえで大切だと思うもの/良好な職場の人間関係