毎日起こる出生数と死亡数(自殺者含)。日本と世界を比較

世界の1日と日本の1日 1日で生じる出会いと別れ

日本で1日に生まれる赤ちゃんの数は2,934人、死亡する人の数は3,279人。その差は345人。若干ですが死者の方が上回っていて、将来の日本の人口減少は避けられなさそうです。

しかし世界の1日の出生数と死亡数を比較すると、出生数が死亡数を大きく上回ります。驚くべきことに出生数は、死亡数の2倍以上の数になります。近年その人口増加スピードが、未来の食糧危機を引き起こすと考えられています。

人口増加の爆発的なスピードは、年代別の世界人口の変化を見ると一目瞭然です。地球で養える世界人口は、一部の学者の中で約80億人と言われていますが、その人口に到達するのは2024年予定です。食糧問題のタイムリミットは、刻一刻と迫ってきているのかもしれません。

年代別世界人口の変化

  • 1950年:約25億人
  • 1960年:約30億人
  • 1970年:約36億人
  • 1980年:約44億人
  • 1990年:約53億人
  • 2000年:約61億人
  • 2010年:約69億人
  • 2020年:約77億人
  • 2030年:約85億人
  • 2040年:約91億人
  • 2050年:約97億人
  • 2060年:約101億人

世界の1日の〇〇ランキングを見ると中国が婚姻数、離婚数、自動車生産数、死亡者数で断トツです。さすが世界人口数No.1の13億人が生活している国だと頷けます。ちなみに2022年以降は、インドが世界最多の国になると予想されています。

世界同時食糧危機 NHK

インフォグラフィック:毎日起こる出生数と死亡数(自殺者含)。日本と世界を比較

世界の1日と日本の1日 1日で生じる出会いと別れ

参照元:http://www.hokende.com/static/life/features/infographic/20130617/


1日の出会いと別れの事情

出会い

<出生>

世界の1日の出生数:382,351

日本の1日の出生数:2,934

<結婚>

世界の1日の結婚数:74,669組

日本の1日の結婚数:1,917組

<発明>

世界の1日の発明数:678件

日本の1日の発明数:132件

<自動車生産>

世界の1日の自動車生産数:219,432台

日本の1日の自動車生産数:23,010台

<企業設立>

世界の1日の企業設立数:9,377社

日本の1日の企業設立:219社

別れ

<死亡>

世界の1日の死亡数:155,099人

日本の1日の死亡数:3,279人

<離婚>

世界の1日の離婚数:18,182組

日本の1日の離婚数:687組

<自殺>

世界の1日の自殺数:1,897件

日本の1日の自殺数:86件

<交通事故死亡者数>

世界の1日の交通事故死亡者数:3,380台

日本の1日の交通事故死亡者数:12台

<企業倒産>

世界の1日の企業倒産数:695社

日本の1日の企業倒産:33社

世界の1日NO.1の国

1日の発明NO.1:アメリカ合衆国:332件

1日の企業設立NO.1:ロシア:1,159社

1日の出生数NO.1:インド:67,901人

1日の婚姻NO.1:中国:25,890組

1日の自動車生産NO.1::中国:50,462台

1日の企業倒産NO.1::フランス:163社

1日の交通事故NO.1:エジプト:95人

1日の離婚NO.1:中国:5,186組

1日の自殺NO.1:ロシア:124人

1日の死亡者数NO.1:中国:26,675人