カジノに行く前に覚えるべき8つのルールとマナー

カジノのお作法

カジノでのゲームの種類や基本的なゲームの流れ、禁止行為ややカジノ用語など、カジノに関する常識的なルールやマナーをまとめました。

カジノ場によっては、ドレスコードが決まっているところがあります。主にヨーロッパでは、ジャケットにネクタイが必須なところが多いです。アメリカやアジアでは、ほぼTシャツにジーンズのラフなスタイルで大丈夫です。

カジノチップの種類や金額は、カジノの場所によって様々です。ラスベガス(コスモポリタン)のカジノチップは、全部で8種類(1ドル~25,000ドル)あります。

カジノチップの色と金額
  • ブルーチップ:Single=1ドル
  • レッドチップ:Nickel=5ドル
  • グリーンチップ:Quarter=25ドル
  • ブラックチップ:Black=100ドル
  • パープルチップ:Purple=500ドル
  • イエローチップ:Yellow=1,000ドル
  • ブラウンチップ:Brownie=5,000ドル
  • オレンジチップ:Pumpkin=25,000ドル

ルーレット、ブラックジャック、バカラルール

カジノで自腹100万円の大勝負!

インフォグラフィック:カジノに行く前に覚えるべき8つのルールとマナー

カジノのお作法

参照元:http://tg.tripadvisor.jp/casino/


カジノに関する最低限の常識

カジノの基本的な流れ

  1. 入場
    パスポートでの年齢・国籍確認、ドレスコード、荷物などのチェック。入場料がかかる場合は入口で支払う。
  2. チップを入手
    現金をテーブルゲーム専用のチップに換える。ゲームマシンは現金がそのまま使えるところが多い。
  3. いざ勝負!
    遊びたいゲームのテーブル、またはマシンへ。ミニマムベットを確認して、空いている席に着こう。
  4. 終了
    チップが手元にある場合は、換金所にて現金へ換える。

カジノのゲームの種類

  • ゲームマシン
    スロットマシンやビデオポーカーなど、機会を相手に行うゲーム。
  • ランダムゲーム
    ビンゴなど、当たり数字予想するゲーム。
  • テーブルゲーム
    ルーレットやトランプゲームなど、ディーラーが各テーブルに配置されているゲーム。
  1. ルーレット
    ディーラーが投げたボールが、ルーレット盤のどこに落ちるかを予想する。
  2. ブラックジャック
    手持ちのカードの数字の合計が21を超えないように、デイーラーより大きな数字を狙う。
  3. ポーカー
    ディーラーより配られた5枚の手札で強い役(ハンド)をつくる。
  4. バカラ
    配られたカードの合計数の一桁の数字が9に近い人を予想する。
  5. クラップス
    2つのサイコロの出目を予想する。ラスベガスではメジャーなダイスゲーム。
  6. 大小
    3つのサイコロの出目を予想する。マカオで最も人気のゲーム。

ドレスコード

  • ヨーロッパ
    フォーマル。男性はジャケット・ネクタイ必須で、場所によっては貸してくれるところもある。
  • オーストラリア・南太平洋
    スマートカジュアル。男性は襟付きのシャツと長ズボン、革靴を着用する。ジーンズはNGの場合も。
  • アメリカ・アジア
    カジュアルで問題ない。ただしビーチサンダル、ショートパンツ、タンクトップは避ける。

年齢制限

  • R21:21歳未満お断り
    アメリカ・東南アジア
  • R19:19歳未満お断り
    韓国。
  • R18:18歳未満お断り
    ヨーロッパ・オーストラリア

禁止行為

  • カメラ撮影撮影禁止
    プライバシー保護と不正防止の観点から、写真やビデオの撮影は禁止。
  • 荷物持ち込み禁止
    大きな荷物は持ち込み禁止。必要のないものはクロークに預ける。
  • ディーラーに手渡し禁止
    ディーラーに直接現金を渡してはいけない。チップに換えるときはテーブルの上に置く。
  • 喫煙禁止
    指定された場所以外での喫煙はNG。全面禁煙の場所も増えている。

知っておきたいカジノ用語

  • ディーラー
    トランプゲームやルーレットにおける「親」。カードの配布やチップの配当・回収などを担当する。
  • ミニマムベット
    最低掛け金。マシンやテーブルによってレートが異なる。
  • プレイヤーズカード
    カジノのメンバーカード。プレイ実績をポイント換算し、貯めることでさまざまな特典が受けられる。
  • コンプ
    掛け金とプレイ時間に応じて、客が受ける無料の特典。カジノ内の飲食や宿泊の提供、送迎など。
  • カクテルウェイトレス
    カジノ内で飲み物を無料サービスしてくれる女性(注文したら謝礼のチップを忘れずに)。
  • ハイローラー
    多額の掛け金を使う上客。専用のVIPリームがある。

世界のカジノマーケ市場

  1. マカオ
  2. アメリカ ネバダ州
  3. カナダ
  4. フランス
  5. アメリカ アトランティック・シティ
  6. オーストラリア
  7. シンガポール
  8. 韓国
  9. アルゼンチン
  10. ドイツ

カジノにまつわる主な歴史

  • 1638年
    イタリアの「カジノ・ディ・ヴェネツィア」が誕生。世界最古のカジノと言われる。
  • 18世紀
    ルイ15世(1710-1774)の時代に、フランスで上流階級向けのサロンや庶民向けの賭博場が広まる。
  • 1765年
    ドイツの保養地バーデン・バーデンに「カジノ・バーデン・バーデン」が開業。
  • 1828年
    イギリスに会員制カジノ「クロックフォード」が誕生。
  • 1863年
    モナコのモンテカルロに「カジノ・モンテカルロ(グラン・カジノ)」が開業。
  • 1907年
    フランスでカジノが合法化。
  • 1931年
    アメリカのネバダ州で合法化。ラスベガスが急速に発展する。
  • 1976年
    アメリカ・ニュージャージー州がアトランティック・シティに限り、カジノを合法化。
  • 1993年
    ラスベガスに「MGMグランド・ホテル・アンド・カジノ」を開業。カジノの面積は世界第4位。
  • 2006年
    マカオがラスベガスを抜いて、カジノ収益世界一に。
  • 2007年
    マカオに「ザ・ベネチアン・マカオ・リゾート・ホテル」が開業。東京ドーム1つ分に相当するカジノは世界最大の面積を誇る。
  • 2010年
    シンガポールに「リゾート・ワールド・セント―サ・カジノ」と「マリーナ・ベイ・サンズ・カジノ」が開業。
  • 2013年
    日本にて、自民・維新・生活の3党がカジノを解禁する法案を衆院提出。