レア硬貨(ギザ十など)のプレミア価格は上昇中。希少価値は最大2,300倍

意外なレア効果と硬貨製造数の変還

硬貨の中には、額面以上の価値がある「レア硬貨」と呼ばれる硬貨が存在します。明日からは、おつりの小銭をチェックしてみませんか?

私たちが日常何気なく使ってる小銭。その中には、製造枚数と現存数が少なく、一般にあまり流通していないプレミア硬貨があります。それらの希少性の高いお金は、レア硬貨と呼ばれ額面よりも高い金額で取引されています。その中でも未使用硬貨は、別格で高値がつきます。

しかし、未使用のレア硬貨をおつりで探すのは矛盾していますよね(笑)。そこで私は、未使用硬貨でなくて一番価値がある昭和62年の500円玉に絞って、小銭チェックをはじめていきたいと思います。

近年電子マネーは普及が加速し、硬貨の製造量や世の中に出回る量が減ってきています。今後レア硬貨の価値は、より一層高まるのではないでしょうか。

未使用の硬貨を手に入れる方法

  • 日本銀行で硬貨を未使用のものと交換してもらう
  • 造幣局から毎年発売されているミントセット(貨幣セット)を購入する

超ピカピカのお金を見つけた!? 【激レア】

インフォグラフィック:レア硬貨(ギザ十など)のプレミア価格は上昇中。希少価値は最大2,300倍

意外なレア効果と硬貨製造数の変還

参照元:http://www.freepik.com/free-vector/online-marketing-elements_841679.htm


額面以上の価値がある硬貨

意外なレア効果と硬貨製造数の変還

1円玉

  • 昭和30年:未使用 3,000円
  • 昭和30年:美品 100円
  • 平成23年~25年:未使用 3,000円

5円玉

  • 昭和32年:未使用 8,000円
  • 平成22年~25年:未使用 4,000円

10円玉

  • 昭和33年(ギザあり):未使用 23,000円
  • 昭和33年(ギザあり):美品 200円
  • 昭和34年(ギザなし):未使用 12,000円
  • 昭和34年(ギザなし):美品 100円

50円玉

  • 昭和62年:未使用 7,000円

100円玉

  • 昭和42年:未使用 1,500円

500円玉

  • 昭和62年:未使用 2,000円
  • 昭和62年:美品 1,500円