日本一飼い犬率が高い都道府県は?犬と天気(日照時間)の関係

I LOVE DOGな都道府県No.1は?

仕事が終わって疲れて家に帰ったとき、いつも出迎えてくれるのは愛犬です。

体をすり寄せてくる愛犬を見ると、思わず「ニコ」ってしてしまいます。それが、飼い主の疲れた体と心を癒してくれるんですよね。

そんな私たちのカワイイ愛犬ですが、「日本で一番犬を飼っている都道府県ランキング」によると1位は三重県、2位が高知県、3位岐阜県。最も犬を飼ているのが少ない山形県(3.85頭)と、最も犬を飼っている三重県(7.40頭)を比べると約2倍の差があります。「犬を飼う=犬好き」とするならば、三重県の方は山形県の方よりも2倍好きってことですね。

太平洋側と日本海側を比べると、日本海側では犬を飼っているところが少ないようです。これは日本海側と太平洋側の天気(日照時間)が関係しているようですね。「日照時間が長い=晴れの日が多い」ことを表しています。

今回のインフォグラフィックでは、「100人当たりの犬の登録数を計算をランキング」していますが、さらにセグメントして「室内外で飼われている犬」を調査をしたら、全く違った結果になりそうです。もしかすると室内で飼われている1位の都道府県は、今回46位の東京が1番になるかもしれません。

隣にぴったり寄り添う姿に癒される

インフォグラフィック:日本一飼い犬率が高い都道府県は?犬と天気(日照時間)の関係

I LOVE DOGな都道府県No.1は?

参照元:http://inuneko-magazine.com/column/entertainment/tips/dog-lover-ranking


最も犬好きな都道府県ランキング

人口100人当たりの犬の登録頭数

100人当たりの犬の登録頭数を都道府県ごとに計算。偏差値をつけて色分けしたところ日本海側が少なく、太平洋側が多くなるという傾向があることが分かりました。

  1. 三重県:7.4頭
  2. 香川県:7.14頭
  3. 岐阜県:6.57頭
  4. 群馬県:6.46頭
  5. 山梨県:6.37頭
  6. 高知県:6.30頭
  7. 茨城県:6.27頭
  8. 愛知県:6.26頭
  9. 静岡県:6.18頭
  10. 熊本県:6.10頭

1住宅あたりの敷地面積㎡

<BEST>

  1. 茨城県
  2. 山形県
  3. 岩手県

<WORST>

  1. 大阪府
  2. 東京都
  3. 京都府

年間日照時間

<BEST>

  1. 山梨県
  2. 高地県
  3. 宮崎県

<WORST>

  1. 秋田県
  2. 青森県
  3. 富山県

犬の多さと関係が深そうな要素の相関表

▼相関表について

今回は、各統計データの関係性を調べるために相関係数という指標を使いました。これは、2つのデータ軍の関連性の高さを調べる数学指標です。

▼住宅事情と気候、関連性が高いのは?

まず調べてみたのが住宅事情。賃貸や。狭いおうちではワンちゃんが飼いづらいのでは?というイメージから、おうちの広さや持ち家率、一戸建ての割合と100人当たりの登録数のデータの関係性を調べてみました。その結果、持ち家比率、一戸建て比率、1住宅当たりの敷地面積のすべての指標で「ほとんど相関がない」=関係性が低いとなりました。意外にも住宅事情による頭数への影響は小さい ようです。

次に調べたのが気象関連のデータです。日本海側に下位の県が集中していることから気候による影響があるのでは?と推察して気温や降水量、日照時間と登録頭数のデータを照らし合わせてみました。その結果、年間日照時間と登録頭数にかなり強い関連性があることが分かりました。

▼晴れが多い地域に飼い主さんあり!

「年間日照時間が多い」=「晴れの日が多い」ことを示しています。日本海側は冬の間分厚い雪雲に覆われ雪や曇りの日多くなります。ワンちゃんの日課と言えばお散歩ですが、足元がおぼつかない中歩くのは飼い主さん・ワンちゃんにとって楽なことではありません。一方晴れの日が多い都道府県では天気のことを気にせずお散歩に出掛けられます。こうしたお散歩事情がわんちゃんを飼っている人の多さに繋がっているのかもしれませんね。