禁煙効果は体にすぐ現れる。禁煙外来の費用目安2万円

喫煙をやめることであなたの身体が変わる

みなさんは、禁煙することによって体に起こる変化を知っていますか?

人間の体には、喫煙を辞めた直後から正常な状態へ戻そうとする活動が始まります。喫煙者が非喫煙者と同等の体を手に入れるには、約15年かかると言われています。

JT(日本たばこ産業)が行った2016年度の調査によると、日本国内での成人男性の喫煙率は、29.7%となっています。この数値は、1966年のピーク時(昭和41年)の83.7%と比較すると50年間で50ポイント以上も減少したことがわかります。

国内の喫煙率が減少している理由として、昔と比べると健康意識の高まりや、規制の強化、マナーの向上などがあげられます。

当時の成人男性の8割以上が喫煙者と言うピーク時の状況は、今では考えられないような光景が広がっていました。職場のオフィス、公共機関、電車、飛行機、映画館などありとあらゆるところで喫煙が許されていました。非喫煙者にとっては、まさに地獄の時代だったことが想像できます。

世界レベルでは喫煙者数は増加傾向!?

日本を始め、欧米や先進国の間では、ここ数年日本と同じ理由から、喫煙率は減少しています。しかし、世界全体の喫煙者数で見ると増加傾向にあるそうです。

その最大の要因は、世界人口1位の中国にて喫煙率が急増しているからです。ここ数年で急激な発展を遂げる中国では、かつて日本やアメリカが経済成長期に歩んだ道をまさに今歩んでいる最中といえます。

世界のタバコの値段

2017年現在、日本で売られているタバコの値段は、1箱約250~470円が主流となっています。タバコの値段は、日本でも数年毎にタバコ税が引き上げられ値段が上昇しています。

このタバコに税を課す流れは、健康上の理由から喫煙率を抑えようとする世界の国々でも起こっていてタバコの価格が高騰しています。日本でもタバコの値段が、1箱1,000円を超える時代はそう遠くないかもしれません。

世界のタバコ代ランキング

  1. オーストラリア:1箱あたり平均16.11ドル(約1,981円)
  2. ニュージーランド:1箱あたり平均14.67ドル(約1,804円)
  3. ノルウェー:1箱あたり平均14.48ドル(約1,781円)
  4. イギリス:1箱あたり平均12.25ドル(約1,506円)
  5. アイスランド:1箱あたり平均9.51ドル(約1,169円)
  6. カナダ:1箱あたり平均9.26ドル(約1,138円)
  7. フランス:1箱あたり平均8.83ドル(約1,086円)
  8. スイス:1箱あたり平均8.77ドル(約1,078円)
  9. パプアニューギニア:1箱あたり平均8.23ドル(約1,012円)
  10. スウェーデン:1箱あたり平均8.15ドル(約1,002円)

禁煙外来にかかる費用とは?

現在日本では、禁煙治療にかかる費用を健康保険を使って受診することができます。健康保険の適用により、自己負担額を3割に抑えることができます。

使用する薬にもよるので一概には言えませんが、一つの目安的な費用は約3ヶ月のスケジュールの場合、1万3,000円~2万円程度の金額で医師による効果的な禁煙治療を行うことができます。

喫煙者の方は、3ヶ月間にかかるタバコ代を計算してみてください。

「辞めたいと思っていても、自分の意思だけではどうしても辞めることが難しい」「家族の健康のためも喫煙を辞めさせたい」など考えている方は、お近くの禁煙外来の可能な病院を受診してみてはいかがでしょうか。

禁煙はひとりじゃ難しい

インフォグラフィック:禁煙効果は体にすぐ現れる。禁煙外来の費用目安2万円

喫煙をやめることであなたの身体が変わる

参照元:https://visual.ly/m/design-portfolio/effects-of-quitting-smoking-cvs/


喫煙をやめることであなたの身体が変わる

あなたの最後のたばこの後であなたの体に何が起こるか、

20-30分後

  • 血圧と脈拍が下がる
  • 手と足が暖かくなる

8時間後

  • あなたの血液中の一酸化炭素は、酸素レベルが上昇する間に低下します

48時間後

  • 味覚と感情の感覚が向上します

72時間後

  • 気管支がリラックスします

2週間~3ヶ月後

  • 循環肺機能とスタミナが改善します

1ヶ月~9ヶ月後

  • 咳や鼻詰まりによる輻輳の減少します
  • 肺は粘液をよりよく浄化することができます。そして、綺麗にして感染を減らします
  • 全体のエネルギーが向上します

1年後

  • 心臓病のリスクが喫煙者の半分に低下します

5年後

  • 脳卒中のリスクは非喫煙者のリスクと同じになります
  • 口の癌、咽喉食道および膀胱のリスクは半減します
  • 子宮頸がんのリスクは非喫煙者ぐらいに落ちます

10年後

  • 肺がんリスクは喫煙者の半分になります
  • 膵膵がんのリスクは、非喫煙者とほぼ同じになります

15年後

  • 心臓病のリスクは非喫煙者と変わりません
  • 死のリスクは非喫煙者とほぼ同じになります