世界の罰金刑は歩きスマホや腰パン、電車で居眠り罰金9000円

知らなかったでは済まされない!!世界の罰金刑

楽しい海外旅行先では、日本では法律違反にならないルールでも、海外では罰金刑になることがあるので注意しましょう。

UAE のドバイでは、「電車の中で居眠りをする」と罰金 約9,000円です。電車通勤のサラリーマンは、眠らないようにするためにどんな工夫をしているのか気になりますね(笑)。

アメリカのニュージャージー州では、「歩行中に携帯電話でメールを打つ」と約9,500円です。このルールが日本に適応されたら、スマートフォンを操作しながら起きる事故は、たちまち無くなるでしょうね。

またルイジアナ州では「ズボンの腰履き」で罰金 約5,500円です。同法律が設定れた理由は、「下着を人目にさらすのは、わいせつ的で社会の人々にとって脅威である」からだそうです。しかし、腰パンは黒人文化の一つとする考え方もあり、人種差別だという強い反発も残っているそうです。

知られていない日本の法律違反

  1. タクシーの中で吐く
    タクシー乗車と共に乗客は、タクシーと契約を結ぶための契約違反にあたります
  2. 並んでいる列に割り込み
    軽犯罪法第1条第13号で定められています
  3. 決闘に応じる
    決闘罪に関する件という決闘をする、決闘に関与することを禁止する法律があります
  4. 公園で唾を吐く
    軽犯罪法第1条26号で定められています
  5. 指定日前日夜にゴミを捨てる
    廃棄物の処理及び清掃に関する法律によって定められています
  6. おつりを多くもらったことに気付いたが、そのまま黙って受け取る
    刑法246条の詐欺罪にあたります

「ニート罰金法」が成立

インフォグラフィック:世界の罰金刑は歩きスマホや腰パン、電車で居眠り罰金9000円

知らなかったでは済まされない!!世界の罰金刑

参照元:http://tg.tripadvisor.jp/penalty/


世界主要都市のルール違反による罰金刑

  • スペイン広場でジェラートを食べる
    罰金 約70,000円 <イタリア:ローマ>
  • 電車の中で居眠りをする
    罰金 約9,000円 <UAE:ドバイ>
  • 横断歩道を赤信号で渡る
    罰金 約5,000円<オーストラリア:ケアンズ>
  • 立小便をする
    罰金 約3,500円<マレーシア:クアラルンプール>
  • サン・マルコ広場のハトに餌をやる
    罰金 約70,000円<イタリア:ヴェネツィア>
  • 歩行中に携帯電話でメールを打つ
    罰金 約10,000円<アメリカ:ニュージャージー>
  • 地下鉄で乗り越す
    罰金 約 14,000円<イギリス:ロンドン>
  • タバコを路上に捨てる
    罰金 約 7,000円<タイ:バンコク>
  • 横断歩道以外の場所で道路を渡る
    罰金 約14,000円<アメリカ:ハワイ>
  • ズボンの腰履き
    罰金 約5,500円<アメリカ:ルイジアナ>
  • 水洗トイレの水を流さない
    罰金 約13,000円<シンガポール>
  • 地下鉄での飲酒
    罰金 約5,500円<アメリカ:ニューヨーク>
  • 街中でごみをポイ捨てする
    罰金 約86,000円<シンガポール>
  • サンゴや貝殻を採取する
    罰金 約220,000円<北マリアナ連邦:サイパン>