名古屋めしおすすめ14種。ひつまぶし、台湾ラーメン、あんかけスパ

名古屋飯

日本各地にその土地のおいしい料理が溢れています。その中でも「名古屋めし」は特にオススメ。どて煮やきしめんなどの伝統的な料理、あんかけスパや台湾ラーメンなどのB級グルメまで何でもあります。

名古屋飯は、昭和頃に誕生した料理から、つい最近流行りはじめた現代料理まで様々です。

私のオススメは一度で三度おいしい「ひつまぶし」。1杯目はそのまま食べて、甘いタレとうなぎの香ばしさを堪能。2杯目はネギやワサビ、ノリなどの薬味と一緒に風味を味わいながらサッパリと。3杯目はだし汁をかけて、甘辛いタレと脂がしみ出し、絶妙なお茶漬けに。

名古屋城や熱田神宮、大須観音(寶生院)などの観光巡りをしながら、名古屋めしを堪能する旅行は楽しいですよね。一人で行った場合は、4泊5日で全名古屋めし制覇できそうですね。2人の場合ならお互い別々の料理を頼んでシェアすれば、2泊3日で制覇です(笑)。

名古屋めしバスツアー

インフォグラフィック:名古屋めしおすすめ14種。ひつまぶし、台湾ラーメン、あんかけスパ

名古屋飯

参照元:http://jp-infographics.jp/foods/%E5%90%8D%E5%8F%A4%E5%B1%8B%E3%82%81%E3%81%97%E3%83%9E%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF.html


絶対はずさない名古屋めし14種類

※ランキングは、私の好きな名古屋めしの順番で紹介

どて煮

牛モツなどを豆味噌やみりんでじっくり煮込んだどて鍋。名古屋めしの中では一番濃厚な味。始まりは明治初期頃。

ひつまぶし

関西風に焼き上げたうなぎの蒲焼きを細かく刻み、おひつごはんの上に敷き詰めるひつまぶし。その始まりは明治の初期頃。ひつまぶしは3種類の食べ方があります。1杯目はそのままで、2杯目はネギやワサビ、ノリなど薬味を添えて、3杯目はだし汁をかけて茶漬けに。

味噌カツ

トンカツに甘い味噌ダレをかけた味噌カツ。どて煮の味噌に串かつを浸して食べたのが始まりだったとか。味噌ダレは濃厚タイプやサラサラタイプなど店によって違い、自分好みの店を探せるようになると名古屋めし通かも。

小倉トースト

名古屋の喫茶メニューとして超定番の小倉トースト。大正10年頃、ぜんざいにトーストをひたして食べる男子学生の姿を見て、喫茶店のママが考案されたとか。店によって小倉あんをサンドしたり、別に添えたりと様々。

名古屋コーチン

全国に名を馳せる、名古屋コーチン。身は引き締まって歯ごたえがあり、素材のコクやうま味が魅力的な鶏肉。誕生は明治初期、元尾張藩の武士が開発。名古屋コーチンは焼鳥、親子丼、タタキ、鍋など何を食べても絶品!

味噌煮込みうどん

グツグツ煮立った土鍋のふたを開ければ、カツオやシイタケのダシがきいた豆味噌つゆのいい香り。コシの強いうどんが絶妙。歴史は古く江戸時代の初めに生まれたとか。

天むす

エビ天を具にしたおにぎり。始まりは三重県津市の天ぷら店の賄いめし。昭和30年代、忙しくて昼食を作る暇がなかった女将が、夫のために車エビの天ぷらを切っておにぎりに入れたとか。

味噌おでん

初めて見た人は思わず尻込みする、真っ黒けの味噌おでん。豆味噌仕立てのだしで煮込まれた大根や玉子は、甘味や旨みにあふれ、見た目よりあっさり味。始まりは第二次世界大戦後の頃、昆布だしで温めた具に甘味噌をかける上方風、かつおだしにしょうゆや砂糖、みりんを入れた汁で具を煮込む江戸風がミックスされて生まれた。

あんかけスパ

炒めた極太スパゲティに、とろりとしたあん状のソースをかけたあんかけスパ。肉や野菜を煮込み胡椒をきかせたソースは、実にスパイシー。昭和30年代に「スパゲティハウスヨコイ」で考案された。

鉄板イタリア

あんかけスパと並び立つ名古屋独特の鉄板スパゲティ。熱々の鉄板皿は、ケチャップ味のスパゲティが盛られ、その周りを溶き卵で囲っている。昭和36年に「喫茶ユキ」の店主が旅行中のイタリアで考案されたとか。

手羽先

名古屋の居酒屋の鉄板メニューの手羽先。甘辛くピリッとスパイシーな味がクセになる。昭和30年頃に、鶏料理専門店の主人が鶏もも肉の代用として、手羽先をからっと揚げて味付け。これが思いもよらぬ大ヒットで名古屋名物に。

台湾ラーメン

辛いけど旨い台湾ラーメン。鶏ガラや醤油ベースのスープに、具にはニンニクや唐辛子で炒めた挽き肉やニラなど。昭和40年代、台湾人の店主が、まかないで台湾料理の「台仔(たんつー)麺」を激辛にアレンジしたのが始まり。

カレーうどん

和風だしにカレー粉を加えた一般的なカレーうどんと違い、ぼってりととろみのあるカレールーに極太麺を組み合わせる名古屋のカレーうどん。味は濃厚でクリーミー。昭和50年代に、ある一軒のうどん店が専門店のカレーを参考に考案。

きしめん

たまり醤油にみりんを加えた甘辛のつゆ、麺の平たさが特徴のきしめん。乾麺の規格では幅4.5ミリ以上、厚さ2.0ミリ未満と決められています。江戸時代に、名古屋城築城に集まった人々のお腹を満たすため、ゆで時間の短い平らな麺が作られたとか。