タイヌードルの醍醐味は麺・具・スープを自分好みにアレンジ

美味しく選んでヌードルチャート(タイ編)

タイのトムヤムクンは、世界三大スープの一つに数えられるほど食通をうならせる有名なスープです。ちなみに残りの2つはフランスのブイヤべース、ロシアのボルシチ、中国のフカヒレスープが挙げられることが多いです。

タイの食べ物は、他にもスパイスの種類が豊富なタイカレー、あっさり味やこってり味が自分好みにアレンジできるタイヌードルなどが有名です。日本でもタイ料理のお店は人気で、東京のあっちこっちで食べることができます。

私のタイ料理のオススメは、ピンクの麺の「センヤイ・イェンタフォー」です。酸っぱくって、甘いスープが、きっと病みつきに!

タイ現地そのままの味!カオソイとトムヤムラーメン!

インフォグラフィック:タイヌードルの醍醐味は麺・具・スープを自分好みにアレンジ

美味しく選んでヌードルチャート(タイ編)

参照元:https://www.expedia.co.jp/p/corporate/thai-noodles


タイヌードルのカスタマイズ事情

タイではヌードルのカスタマイズが当たり前!豊富なバリエーションから自分の好みのヌードルをつくろう!

麺、具材、スープを選んで好みのヌードル作り

STEP1 麺を選ぶ
  • センレック:米を原料とした一般的な細麺
  • センミー:ビーフンに似た極細麺
  • バミー:ラーメンの麺のような卵麺
  • ウンセン:日本でもお馴染みの春雨
  • センヤイ:太く歯ごたえのある幅広麺
STEP2 具材を選ぶ
  • ガイ(鶏)
  • ルーチン(つみれ)
  • ペット(アヒル)
  • カイ(卵)
  • ムー(豚)
  • ドゥワノーグ(もやし)
  • ブラー(魚)
  • パクチー
  • クン(エビ)
  • ルーアッ・ムー(血を固めたもの)
  • トンホーン(ネギ)
  • ギィアオ(ワンタン)
  • パックブン(空芯菜)
STEP3 スープを選ぶ
  • ナムサイ:基本のあっさりスープ
  • トミャム:辛くて酸っぱいスープ
  • イェンフォー:甘酸っぱいピンク色のスープ
  • トゥン:スパイスと肉を煮込んだスープ
  • ナムトック:内臓や血で作った赤黒いスープ

定番ヌードル

センレック・ナムトック

味にコクを出すために豚や牛の血をスープに入れたしっかりした味。

  • センレック
  • ムー(豚)
  • ルーチン(つみれ)
  • パックブン(空芯菜)
  • パクチー
  • ナムトック
ウンセン・トムヤム

タイといえばこの味。辛みと酸味が強くクセのある味。

  • ウンセン
  • クン(エビ)
  • カイ(卵)
  • ギィアオ(ワンタン)
  • トゥワーノーグ(もやし)
  • パクチー
  • トンホーン(ネギ)
  • トムヤム
センヤイ・イェンタフォー

甘酸っぱさとしょっぱさが混ざったタイでは人気のピンク色のスープ。

  • センヤイ
  • ギィアオ(ワンタン)
  • ルーチン(つみれ)
  • パックブン(空芯菜)
  • ルーアッ・ムー(血を固めたもの)
  • イェンタフォー
バミー・ムー・ナムサイ

もっとも一般的で鶏がらや牛、豚、海老から出汁をとっています。日本人には親しみやすい味。

  • バミー
  • ギィアオ(ワンタン)
  • トンホーン(ネギ)
  • ムー(豚)
  • カイ(卵)
  • パクチー
  • ナムサイ
バミー・ペット・トゥン

貝となるスパイスや肉をトロトロに煮込んだ甘めの味付け。

  • バミー
  • ペット(アヒル)
  • ルーアッ・ムー(血を固めたもの)
  • パクチー
  • トゥン

NGヌードルマナー

  • 大きい具をそのまま口に運ぶ
  • 音を立てて食べる
  • 食器に口をつける