フィンテックで生活向上。仮想通貨がUFJ銀行から発行開始

ビットコインやフィンテックについて

みなさんは、フィンテック(FinTech)という言葉を耳にしたことがありますか?このFinTechという言葉は、金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語で、最新のIT技術を活用した、新しい金融サービス、決済・財務サービスをさしています。

その中でも、注目されているのがビットコインなどに代表される「仮想通貨」の存在です。今世界では、仮想通貨利用が急速に進んでいます。初めは、主に投資対象として扱われてきた仮想通貨ですが、ビットコインのような世界で地位を確立した仮想通貨は、今や多くの国で買い物代金の支払いなどにも使用することができます。

このフィンテックというIT技術の発展は、私たちの生活をより便利に、より快適なものにしてくれます。

仮想通貨のメリット・デメリット

現在世界的に流通しているのビットコインを例に仮想通貨として持つメリットとデメリットをご紹介していきます。

メリット

  • 国境のない通貨で国の概念がなくなる
  • 送金スピード速い
  • ハイパーインフレ時にも対応できる
  • 手数料がほとんどかからない
  • 個人間で直接送金できる
  • 監視や制限が存在しない

デメリット

  • 投機的側面があり価値が変動する
  • 過去に消失事件などもありセキュリティに不安が残る
  • 全てが自己責任(国家もその価値を保証してくれていない)

三菱東京UFJ銀行が仮想通貨参入へ!

仮想通貨というと、2014年に起こった「ビットコイン消失事件」不安に思う人も少なくないと思います。しかしそんな中、日本のメガバンクの1行である三菱東京UFJ銀行は、2017年秋に一般利用者向けに「MUFGコイン」を発行すると発表しました。

このニュースに世界は、信用力の高い日本のメガバンクが(銀行として世界で初めて仮想通貨に)本格的に参入することで、仮想通貨の裾野がより大きく広がるのではないかと話題になりました。

現在わかっているMUFGコインについて

  • 1MUFGコイン=1円として交換できる
  • 1コイン1円と定められている分価値の変動リスクが極めて少なく安定する
  • 2017年秋に一般利用者に発行される
  • 利用者同士で直接コインのやり取りか可能
  • 手数料が格段に安くなる

三菱東京UFJがビットコインに参入!?「円」と競合する!

インフォグラフィック:フィンテックで生活向上。2017年秋にUFJ銀行が仮想通貨を発行開始

ビットコインやフィンテックについて

参照元:http://www.harmoney.jp/column/news/427


ビットコインやフィンテックについて

あなたの意見を聞かせて!

Q.「ビットコイン」をご存知ですか?

  • 55.6%:聞いたことはあるが、内容についてはよくわからない
  • 38.1%:知っている、内容をある程度理解している
  • 3.5%:知っている、既に保有している
  • 2.7%:知らない、聞いたことがない

Q.ビットコイン」についてご存知のことにチェックを入れてください。

  • 349Pt.:「ビットコインが消失した」として経営破綻した取引所がある
  • 263Pt.:世界各国でビットコインを利用できるサービスが増えている
  • 173Pt.:ブロックチェーンという仕組みを使った仮装の通貨である
  • 151Pt.:比較的価格の変動が大きい
  • 132Pt.:決済手数料がクレジットカード等と比較しいぇ安い
  • 104Pt.:サトシ・ナカモト氏が投稿した論文をもとに2009年より運用が開始された
  • 101Pt.:2016年3月に4日、日本政府が事実上の「貨幣」として認定をした
  • 98Pt.:システムの管理者が存在しておらず非中央集権化されている
  • 97Pt.:個人情報の登録は必要なく、「秘密鍵」により取引ができる

Q.「ビットコイン」にどのようなイメージを持ていますか。

  • 251Pt.:セキュリティ面に不安を感じる
  • 223Pt.:信頼できない、怪しそう
  • 133Pt.:どのように始めたらよいかわからない
  • 125Pt.:興味があり、学んでみたいと感じる
  • 95Pt.:利便性が高い
  • 95Pt.:よくわからない、その他
  • 85Pt.:画期的であり今後伸びていく、期待できると感じる
  • 70Pt.:むずかしそうと感じる
  • 52Pt.:取引してみたい(取引している)

Q.ご自身の資産をビットコインとして保有してみたいと思いますか。

  • 50.2%:保有してみたいとは思わない
  • 37.2%:将来的には保有してみたいが、今はそう思わない
  • 9.5%:近いうちに保有してみたい
  • 3.1%:既に保有している

Q.ビットコインなどの仮装通貨を服務、ITの技術を金融に応用する「FinTech(フィンテック)」という言葉をご存知ですか?

  • 44.%:知らなかった、聞いたことがなかった
  • 34.8%:聞いたことはあるが、内容についてはよくわからない
  • 16.7%:知っている、内容をある程度理解している
  • 4.5%:知っている、既にサービスを利用している

Q.フィンテックにより、従来の金融サービスよりも手数料が安くなったり官吏や手続きの手間が省けたりすることが可能となることをご存知ですか?

  • 68.5%:いいえ
  • 31.5%:はい

Q.「フィンテック」にどのようなイメージを持ていますか。

  • 226Pt.:よくわからない、その他
  • 128Pt.:画期的であり今後伸びていく、期待できると感じる
  • 120Pt.:興味があり、学んでみたいと感じる
  • 114Pt.:利便性が高い
  • 105Pt.:多くは金融機関による運営でないため、セキュリティ面に不安を感じる
  • 86Pt.:むずかしそうと感じる
  • 76Pt.:信頼できない、怪しそう
  • 65Pt.:利用してみたい(利用している)

Q.フィンテックのサービスを利用してみたいと思いますか。

  • 47.7%:将来的には利用を検討しても良いが、今はそう思わない
  • 31.9%:利用してみたいとは思わない
  • 14.8%:近いうちに利用してみたい
  • 5.6%:既に利用している

Q.利用したことがあるフィンテックのサービスにチェックを入れてください。

  • 388Pt.:フィンテックのサービスを利用したことはない
  • 63Pt.:家計簿系のサービス・・・マネーフォワード、Zaimなど
  • 54Pt.:スマホ決済・送金のサービス・・・楽天スマートペイ、LINE Payなど
  • 21Pt.:クラウドファンディング系のサービス・・・Kickstarなど
  • 18Pt.:オンライン融資系のサービス・・・楽天スーパービジネスローン、Amazonレンディングなど
  • 17Pt.:仮想通貨関連のサービス・・・ビットコインを使った決済サービス、ATMなど
  • 13Pt.:投資支援(ロボアドバイザー)系のサービス・・・お金のデザイン、WealthNaviなど
  • 5Pt.:経営・業績支援系のサービス・・・MerryBizなど

Q.従来の金融サービスについて感じていることは?

  • 382Pt.:入出金、振込みなどのサービスを利用する際のの手数料が高いと感じる
  • 282Pt.:銀行の窓口やATMが利用できる時間が限られており、不便だと感じる
  • 201Pt.:手続き等を行う際にしなければいけないことが多く、煩雑だと感じる
  • 120Pt.:セキュリティ対策が十分になされており、安心感がある

Q.将来的に、現金を持ち歩かないことが当たり前になると思いますか。

  • 54.9%:そう思う
  • 45.1%:そう思わない