マンチェスター・ユナイテッドの光と影。モウリーニョで見えた復活

「マンチェスター・ユナイテッドFC」の実力

アレックス・ファーガソン(アレクサンダー・チャップマン・ファーガソン)は、マンチェスター・ユナイテッドFCの伝説的な監督です。

1986年から2012-2013シーズンまでの27年間チームを率いて、低迷していたクラブを救い、輝かしい黄金時代を築き、チームの通称「赤い悪魔(レッドデビル)」の名をサッカー界に刻みました。後にも先にも同じことができる監督は現れないでしょう。

イングランドを代表する世界的なクラブは、世界一ファンの多いクラブであることも2012年の大手市場調査会社によりわかりました。そのファン数は、およそ6億5,900万人。FCバルセロナやレアル・マドリードよりもファン数を圧倒しています。

そのマンチェスター・ユナイテッドFCが、今かつてないほど低迷しています。再びあのときの輝きを取り戻せるのでしょうか。

マンチェスター・ユナイテッドのトレーニング

インフォグラフィック:マンチェスター・ユナイテッドの光と影。モウリーニョで見えた復活

「マンチェスター・ユナイテッドFC」ブランドの実力

参照元:https://newspicks.com/news/809173/body


マンチェスター・ユナイテッドFC事情

プレミアリーグ優勝回数

  1. マンチェスター・ユナイテッド:13回
  2. アーセナル:3回
  3. チェルシー:3回
  4. マンチェスター・シティ:2回
  5. ブラックバーン:1回

プレミアリーグ順位推移(マンチェスター・ユナイテッドFC)

  • 2006‐2007年:優勝
  • 2007‐2008年:優勝
  • 2009‐2010年:優勝
  • 2010‐2011年:準優勝
  • 2011‐2012年:優勝
  • 2012‐2013年:準優勝
  • 2013‐2014年:優勝
  • 2014‐2015年:7位
    ※監督交代の要因が大きい。

マンチェスター・ユナイテッド負債額推移

  • 2005-2006年:約2.5億ユーロ
  • 2006‐2007年:約4.5億ユーロ
  • 2007‐2008年:約5億ユーロ
  • 2008-2009年:約3.5億ユーロ
  • 2009‐2010年:約4億ユーロ
  • 2010‐2011年:約3億ユーロ
  • 2011‐2012年:約4億ユーロ
  • 2012‐2013年:約3億ユーロ
  • 2013‐2014年:約3億ユーロ

マルコム・グレイザーのクラブ買収2005年

アメリカの実業家が多額の借金をして、マンチェスター・ユナイテッドを買収。買収後、借金の付け替えをマンチェスター・ユナイテッドに。

マンチェスター・ユナイテッド移籍金収支推移

  • 2005-2006年:約100万ユーロマイナス
  • 2006‐2007年:約500万ユーロマイナス
  • 2007‐2008年:約2,500万ユーロマイナス
  • 2008-2009年:約3,000万ユーロマイナス
  • 2009‐2010年:クリスティアーノ・ロナウドがレアルに移籍したとき約5,000万ユーロプラス
  • 2010‐2011年:約1,000万ユーロマイナス
  • 2011‐2012年:約4,000万ユーロマイナス
  • 2012‐2013年:約4,000万ユーロマイナス
  • 2013‐2014年:約6,000万ユーロマイナス
  • 2014‐2015年:約1億ユーロ以上マイナス

マンチェスター・ユナイテッド選手給与総額推移

2003-2005年までは横ばいだが、2006年以降2014年まで右肩上がりに上昇中。

メインスポンサー年間契約料推移

  • 2000年-2006年:Vodafone:800万ユーロ
  • 2006年-2009年:AIG:1.41億ユーロ
  • 2009年-2013年:Aon:1.96億ユーロ
  • 2014年-2021年:CHEVORLET:4.36億ユーロ

最高額(年間)の公式パートナー契約

  • レアルマドリード:adidasと3100万ユーロ契約
  • マンチェスター・adidasとユナイテッド:7500万ユーロ契約

マンチェスター・ユナイテッド売上推移

2005-2005年までは横ばいだが、2006年以降2014年まで右肩上がりに上昇中。

マンチェスター・ユナイテッドファン数

世界で6億5,000万人。そのうちアジア人が49%。

経営を支えるJ.P.モルガン出身者

  • CEO:Ed Woodwrd(エド・ウッドワード)
  • アジア部門責任者:Jamie Reigle(ジェイミー・リーグル)

ニューヨーク市場再上場

  • 1991年:ロンドン市場上場
  • 2005年:上場廃止 ※グレイザーによる買収
  • 2012年:ニューヨーク市場上場

2014―2015シーズン大物補強

  • Di Maria(アンヘル・ディ・マリア)
  • Radamel Falcao(ラダメル・ファルカオ)