米大統領選挙は名言連発のドナルド・トランプ氏勝利。日本への影響は?

今からわかる!米大統領選

全世界が注目するなか、2016年11月8日に行われたアメリカ大統領選挙。1年半もの長きに渡る選挙戦は、大方の予想を覆し共和党候補のドナルド・トランプ氏が見事勝利をおさめました。

トランプ氏は、選挙戦の過程で度重なる暴言や失言により物議をかもしながらも、根強い人気を最後まで維持してきた理由には、現状に不満を抱く人々(白人層)の支持を得たためと言われています。

オバマ政権のもとでは、黒人や少数民族など差別されてきた人々に対し、雇用、教育面で優遇する施策が多くされてきました。しかし、その結果、白人層の人々の間では、不公平感を感じ「我々だけが割を食わされている」という意識持つ人が増えていました。

トランプ氏の発言にもあった「メキシコとの国境に壁を作る」という背景には、不法な移民はもとより、移民を抑えて、治安や雇用を守るといメッセージが込められたものだと考えられます。

またトランプ氏の選挙中に使用されていたスローガン「偉大なアメリカを取り戻す(Make America Great Again)」は、大統領選勝利後、米国政府公式スローガンと昇格しました。

今後も世界のリーダーと呼ばれる、アメリカ大統領の動向に目が離せません。

ドナルド・トランプ氏とは?

  • 名前:Donald John Trump(ドナルド・ジョン・トランプ)
  • 生年月日:1946年6月14日 70歳(2016年11月現在)
  • 出身地:アメリカ・ニューヨーク州・クィーンズ
  • 職業:不動産王
  • 学歴:ペンシルベニア大学
  • 資産:45億ドル
  • 宗教:長老派教会
  • 備考:不動産会社トランプ・オーガナイゼーションの会長兼社長で、カジノ・ホテル運営会社トランプ・エンターテイメント・リゾーツの設立者。アメリカのビジネスシーンでの有名人であり、メディアへの露出機会も際立って多い。その経歴、ブランディングの努力、私生活、豊かな財産、歯に衣着せぬコメントによって、セレブリティとして知られる。

ドナルド・トランプ発言

暴言・失言集

  • すべてのイスラム教徒のアメリカ入国を拒否すべきだ
  • メキシコ人は麻薬や犯罪を持ち込む
  • メキシコは問題のある人間を(米国に)送り込んでいる。彼らは強姦(ごうかん)犯だ
  • メキシコに対して「国境に万里の長城を造る
  • どわははは、世界は俺を中心に回っているんだ!
  • おい!そんな小汚い子供より、俺を先に助けろ!!金ならいくらでもやるぞ!
  • 移民なんかくそくらえ

名言集

  • いったん負けることによって、勝つための新たな戦術が見えてくることがある
  • どうせ考えなるなら大きく考えろ。どうせ生きるなら大きく生きろ。
  • 金持ちだけど、恋人がいない奴らを何人も知ってる。理由は金があってもちっとも魅力がないからだ。女性は魅力的な男を求めてるんだ。吸引力の話だよ。それから、尊敬できる相手であることもだな。
  • 仕事と遊びのバランスをとろうなどと思うな。それより仕事をもっと楽しいものにしろ
  • 運命の転換にどのように対処するかが、勝者と敗者を分ける。
  • 心配するのは時間の無駄だ。心配は問題を解決しようとする私の邪魔になる。
  • 経験と実績がない場合、エネルギーと情熱を売り込むべき。

日本への影響はどうなる?

トランプ氏は、当初から「米国第一主義」を掲げ、アメリカの同盟国に対し、「駐留米軍のすべての経費を支払うべきだ」という発言を繰り返しています。それは、日本も例外ではなく、在日米軍撤退の可能性にも言及しています。

日本政府(安倍首相)は、次期アメリカ大統領にヒラリー氏が優勢と勘ぐり、事前に会談などをこなしていましたが、トランプ氏とはしていませんでした。関係構築のため安倍首相は、選挙後急きょ外交担当に訪米を指示しました。

また選挙開票日当日の日本株市場では、トランプ氏が優勢と伝えられると、先行きが不透明感から先物が売られ一時、日経平均株価の下げ幅は、1,000円を超えてしまいました。しかし、翌日の日経平均株価は、前日の値下がりが嘘だったかのように1,100円以上も値上がりし、乱高下を繰り返しています。

ドナルド・トランプ大統領の若いころ

インフォグラフィック:米大統領選挙は名言連発のドナルド・トランプ氏勝利。日本への影響は?

今からわかる!米大統領選

参照元:http://zunny.jp/00001081


今からわかる!米大統領選

1年半もの長きに渡る戦い

2015年夏 出馬表明

民主党

  • クリントン(前国務長官)
  • サンダース(民主社会主義者)

共和党

  • ルビオ(若手の論客)
  • クルーズ(元テキサス検察官)
  • トランプ(公職経験なしの大富豪)

2016年1月 予備選スタート

党員集会or予備選挙で代議員を選出

2月1日 アイオワ州からスタート
ニューハンプシャー州
3月1日 スーパーチューズデー
多くの州で代議員が決まる予備選挙の山場
6月14日 最後はワシントンD.C

民主党:代議員数4765人

2候補のうち過半数2383人以上を獲得した候補者が民主党の大統領候補者

共和党:代議員数2472人

3候補のうち過半数1236人以上を獲得した候補者が共和党の大統領候補者

2016年7月 全国大会

各党の大統領候補を代議員による投票で決定

2016年10月 公開TV討論

2016年11月8日 本選挙スタート

州の人口に応じて配分された選挙人538人に一般有権者が投票
過半数270人以上

勝負のカギをにぎる?勝者独占方式

投票1位の大統領候補が、その州の選挙人数すべてを「獲得」する。
※例:カリフォルニア州の場合だと、割り当て数が55人となっているため、一気に55人すべての選挙人が獲得できる。

2016年12月 選挙投票

一般有権者による投票結果と同じ内容になる

2017年1月6日 大統領決定!