独裁者たちが犯した大量虐殺。世界最悪の犠牲者数は7,800万人!

世界で一番多くの人を殺した独裁者は誰?

大量殺戮は、独裁者によって歴史上繰り返されてきました。信じられませんが、これはたった数十年前の出来事です。

独裁政治下では、体制批判は許されず個人の自由は著しく制限されていきます。そして国民の意思表示は、統治者に抑圧され反対派は排除されてしまいます。この行き過ぎた行動が、独裁国家の大量殺戮へ繋がってしまっています。

現在でも独裁政治を行っている国は、世界に50ヶ国以上も存在しています。しかし、注意しなければならないのは、必ずしも「独裁国家=国民が酷い扱いを受けている」ではない場合もあります。それは独裁国家でも、国の利益を国民に還元し、幸せな生活を送れている人々もたくさんいます。

世界一裕福な独裁国家カタール

カタールが世界一裕福な国と言われる理由は、豊富な天然資源(主に原油や天然ガス)にあります。これらの天然資源を輸出し、得た莫大な利益を国民に還元することで、国内の公共料金(電気・ガス・水道含む)、医療費、教育費、税金などを全て無料としています。さらに国民のほとんどの人が公務員や準公務員の仕事に付き、結婚をすると国から土地までもらえます。

アフリカ大陸に独裁的な国家が多いわけ

アフリカは、1880年代から第一次世界大戦前の1912年まで西洋諸国の植民地支配が行われていました。その間西洋諸国は、自分たちの手で勝手にアフリカの地に国境線を引きました。そのためアフリカの地は1つの民族が複数の国に分断されたり、また言葉や文化が違う部族が、同じ国に複数入るなど混乱をきたしました。

それが理由でアフリカでは、部族や民族間の紛争を抱える国が多く、自然と軍人が政権を掌握し、力で国を押さえつけようとするため独裁国家が多い傾向にあります。

過去の過ちは、二度と繰り返してほしいのはいうまでもありません。かつての植民地国であった西洋諸国には、できればもっとアフリカ諸国に対して支援や援助をしてほしいものです。

チャールズチャップリン独裁者

インフォグラフィック:独裁者たちが犯した大量虐殺。世界最悪の犠牲者数は7,800万人!

世界で一番多くの人を殺した独裁者は誰?

参照元:http://www.secretsofthefed.com/which-dictator-killed-the-most-people/


世界で一番多くの人を殺した独裁者は誰?

世界の独裁者

ヤクブ・ゴウォン
  • 出身国:ナイジェリア
  • 期間:1966-1975
  • 殺害人数:110万人
メンギスツ・ハイレ・マリアム
  • 出身国:エチオピア
  • 期間:1974-1991
  • 殺害人数:150万人
金日成(キム・イルソン)
  • 出身国:北朝鮮
  • 期間:1948-1994
  • 殺害人数:160万人
ポル・ポト
  • 出身国:カンボジア
  • 期間:1963-1981
  • 殺害人数:170万人
エンヴェル・パシャ
  • 出身国:トルコ
  • 期間:1913-1919
  • 殺害人数:250万人
東條英機
  • 出身国:日本
  • 期間:1941-1944
  • 殺害人数:500万人
レオポルド2世
  • 出身国:ベルギー
  • 期間:1865-1909
  • 殺害人数:1500万人
アドルフ・ヒトラー
  • 出身国:ドイツ
  • 期間:1934-1945
  • 殺害人数:1700万人
ヨシフ・スターリン
  • 出身国:ソビエト連邦
  • 期間:1922-1953
  • 殺害人数:2300万人
毛沢東
  • 出身国:中国
  • 期間:1943-1976
  • 殺害人数:7800万人