地球を救う宇宙資源の可能性。未来の産業革命はもう間近

現代版ゴールドラッシュ宇宙開発事業

地球からロケットに乗って宇宙に行く理由は何でしょうか。

国連の調査によると2100年に人口は91億人近くになるそうです。西暦元年には 1億人だった人口が1000年には2億人と倍になります。1500年に5億人、1900年には15億人、そして2011年に70億人。

人口が増えると、食料とエネルギー需要問題が起こると想定されています。その解決策の一つとして、宇宙に眠る資源に期待が高まっています。

今まで1万個以上、毎年1000個以上の小惑星が発見されています。宇宙にはどんな生き物がいて、どんな資源があるかの全貌はわかっていませんが、地球を救う資源は確認されています。宇宙産業は、もうすぐそこまで来ているかもしれません。

極めて信じがたい宇宙の物体8選

インフォグラフィック:地球を救う宇宙資源の可能性。未来の産業革命はもう間近

現代版ゴールドラッシュ宇宙開発事業

参照元:http://www.seojapan.com/blog/asteroid-infographic


期待膨らむ宇宙産業事情

地球の人口増加にともない宇宙探査用の燃料と地球上の繁栄をまかなえる持続可能な天然資源の獲得が必要になる。

小惑星鉱業は数十兆円の産業を創出し、我々が地球や他の惑星で生きていくための白金族金属と水を半永久的に与えてくれるだろう。

地球での白金族金属の利用用途

  • 機械類のコスト削減
  • 交通機関の電化
  • 改革を推進し、地球上に緑を増やす

 プラチナの豊富な小惑星

これまで地球上で採掘されたよりも多くの白金族金属を保有している。半永久的に採れる貴重資源。

水の豊富な小惑星

ある水の豊富な小惑星は、人類がこれまで打ち上げたすべてのロケットに十分な量の燃料を作り出すことができる。

直径500メートルの水の豊富な小惑星

4兆円以上の価値がある宇宙用水を蓄えている。現在、地球から宇宙へ1リットルの水を送るのに160万円(=2012年現在)を使っている。

直径500メールのプラチナが豊富な小惑星

232兆円の価値がある。世界のプラチナの年間生産高よりも多い。白金族元素が世界埋蔵量よりも多い。

スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする