国内映画祭は高崎映画祭がお得。理由は上映作品数、割安チケット

数字で見る映画祭

国内の映画祭は、1年間で100イベント弱あります。各映画祭会場での情勢作品数やチケット料金、開催期間などは特に決まってなく様々です。

国内で最も栄誉ある映画祭は、圧倒的な知名度と上映作品数を誇る東京国際映画祭でしょう。同映画祭は、国際映画製作者連盟から公認を受けた、世界に14しか存在しないアジア最大級の権威ある国際映画祭です。ちなみに世界三大映画祭は、国際映画製作者連盟(FIAPF)公認の以下の3つです。

  • カンヌ国際映画祭
  • ベルリン国際映画祭
  • ヴェネツィア国際映画祭
インフォグラフィック:国内映画祭は高崎映画祭がお得。理由は上映作品数、割安チケット

数字で見る映画祭

参照元:不明


日本の映画祭事情

映画祭とは、期間限定であるエリアで開催される映画イベントです。イベント会場では、映画の上映がメインになります。またエントリー作品が審査され、賞の授与や講演会などが行われるのが一般的です。

日本の主な映画祭情報

  • 東京国際映画祭(東京都)
    上映数:110作品
    開催期間:9日間
  • 高崎映画祭(群馬県)
    上映数:110作品
    開催期間:9日間
  • 大阪アジアン映画祭(大阪府)
    上映数:54作品
    開催期間:10日間
  • TAMA CINEMA FORUM(東京都)
    上映数:47作品
    開催期間:8日間
  • 東京フォルメックス(東京都)
    上映数:47作品
    開催期間:10日間
  • 沖縄映画祭(沖縄県)
    上映数:39作品
    開催期間:8日間
  • アジアフォーカス福岡国際映画祭(福岡県)
    上映数:31作品
    開催期間:10日間
  • KAWASAKIしんゆり映画祭(神奈川県)
    上映数:28作品
    開催期間:11日間
  • さぬき映画祭(香川県)
    上映数:20作品
    開催期間:15日間
  • SKIPシティ国際Dシネマ映画祭(埼玉県)
    上映数:19作品
    開催期間:9日間
  • もりおか映画祭(岩手県)
    上映数:16作品
    開催期間:3日間
  • 湯布院映画祭(大分県)
    上映数:15作品
    開催期間:5日間
  • 広島国際アニメーションフェスティバル(広島県)
    上映数:12作品
    開催期間:5日間
  • 宝塚映画祭(兵庫県)
    上映数:12作品
    開催期間:7日間
  • 東葛映画祭(千葉県)
    上映数:7作品
    開催期間:1日間
  • 東京平和映画祭(東京都)
    上映数:4作品
    開催期間:1日間
  • 周南映画祭(山口県)
    上映数:3作品
    開催期間:2日間