アメリカで個人寄付が年間18兆円!そのお金はどこへ?

非営利団体(NPO)とオンライン寄付の現状

ソーシャルメディアの普及や東北地方太平洋沖地震をきっかけに、日本でもオンラインで寄付できる様々な仕組みが増えてきました。アメリカと比べるとその寄付の規模は、まだまだ小さいのが現状です。ちなみにアメリカの個人寄付は年間約18兆円で、日本の個人寄付は約5,500億円と言われています。

また最近ではファンドレイザー(寄付を集める人)として、寄付を募る旗振り役に回る人が増えてたことも、一つの要因でしょう。

自分が共感するNPOやチャリティに参加することで、その支援を必要としている人びとに役立てられることはすばらしいことです。今後も「オンライン×寄付」のキーワードを注目していきたいです。

インフォグラフィック:アメリカで個人寄付が年間18兆円!そのお金はどこへ?

オンラインは、非営利団体(NPO)のための一番の急成長チャネル

参照元:http://mashable.com/2011/09/14/online-giving-infographic/


オンライン寄付の急成長事情

オンラインは、非営利団体(NPO)のための一番の急成長チャネル

アメリカのNPOは2010年に43億通のメールが送られ、1040億円(13億ドル)のオンラインの寄付が集まり、3,870万人のアドボカシー活動に参加したそうです。2008年から比べると右肩上がりに急成長しています。

オンラインギフトの平均

アメリカでは平均約7300円(91.94ドル)分のオンラインの贈り物が購買されたとのこと。

支持者

アメリカで人たちは年々聞きたがっている、支持者たちがEメールと寄付の関係性を表していることを。

Eメールと寄付の関係

一つのEメールアカウントにつき、約1022年(12.78ドル)のオンライン寄付が見込める。