アフィリエイターになりたい人の共通点は「男性、40代、関東人」

アフィリエイトチャレンジ受講状況から見る自分で収入を作る副業意識調査

みなさんアフィリエイトにチャレンジしたことありますか?

アフィリエイトとは、「広告を掲載してほしいサイト:広告費を支払う」と 「紹介広告を掲載したいサイト:広告費をもらう」をつなぐマッチングサービスです。「株式会社もしも」の調査では、2011年の調査では、387万人のアフィリエイターが日本にいるようです。日本の人口の約3%にあたります。

ただ上記アフィリエイト人口には、やってみようと思って登録だけした人や何かの拍子に間違って登録してしまった人も含まれているため実際の数はもっと低くなります。私個人の予想では「何らかの理由で10人中7人が挫折する」と考えて、120万人ぐらいなのではないかと思っています。

また日本アフィリエイト市場調査2014によると、アフィリエイトで10,000円以上稼げている人は全体の約9%とのことです。アフィリエイターとして食べていくためには、中々狭き門ですが、毎日コツコツ継続して行うことが大事だと思います。

18日で7万円稼いだ商材とやり方を大公開

インフォグラフィック:アフィリエイターになりたい人の共通点は「男性、40代、関東人」

アフィリエイトチャレンジ受講状況から見る自分で収入を作る副業意識調査

参照元:http://ch.moshimo.com/afch/infographics02


副業にチャレンジするアフィリエイター事情

自分で収入を作る意識が高い人の平均的なイメージ像

東京在住 46歳 男性:「老後の心配をしている男性」が会社に頼らない収入を作ろうとして考えられる。
※調査データから推測

受講者の男女比率

  • 男性:66.4%
  • 女性:33.6%

受講者の年代比率

平均年齢 47歳:最年少16歳:最年長81歳

  • 10代:0.2%(ゆとり世代)
  • 20代:1.9%
  • 30代:22.3%(団塊世代ジュリア世代)
  • 40代:33.6%(バブル世代)
  • 50代:27.0%
  • 60代:11.4%(団塊世代)
  • 70代:0.9%
  • 80代:0.2%

 受講者の在住地域

受講者の在住地域は人口比率の傾向とほぼ一致するため、特定地域に偏らず、日本全国で副業意識があると考えられる

  1. 関東地方:33.6%
  2. 近畿地方:17.4%
  3. 中部地方:11.6%
  4. 九州地方:10.2%
  5. 中国地方:5.4%
  6. 東北地方:5.0%
  7. 北海道:4.8%
  8. 四国:1.0%
  9. 沖縄:0.6%

アフィリエイトチャレンジ受講者数の推移

    • 2011年9月:84人
    • 2011年12月:515人
    • 2012年3月:670人
    • 2012年6月:903人

2012年9月1241人

※アフィリエイトチャレンジ調べ

スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする