SEO対策全50の「項目別重要度」。データで見分ける検索順位結果

検索順位決定要因 2014年版

SEO対策は、年々変化してきています。2014年の調査結果によると、「クリックスルー率」「サイト滞在時間」「直帰率」が、新たな指標として追加されています。

「クリックスルー率」に限っては、重要度が高くなっているようです。

検索上位させるために指標の重要度は、新たな指標やトレンドが加わったりしますが、「何をすればいいのか?」というゴールは、今まで通り変わっていません。ブラックハットに手を出さず、ユーザーのために役に立つページを作れればいいんです。それだけなんですけど、難しいですね。

<インフォグラフィックの見方について>

  • 検索結果順位を決める際に、重要度の高い指標が左側に表示
  • 円形をしたものと、棒グラフに表示されている上下の矢印は、2013年のランキング分析結果と比較した傾向を示す
    ※上に向いている矢印は重要度が高く、下に向いている矢印は重要度が低くなったことを示す
  • 円形の大きさは、各指標について重要度を推測
    ※円形が大きいほど重要な指標

ブログ(サイト)にアクセスを集めるためのSEO対策の基本と具体的な方法

SEO対策全50の「項目別重要度」。データで見分ける検索順位結果を表すインフォグラフィック

検索順位決定要因 2014年版

参照元:http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2015/02/16/19284


検索順位決定要因トップ30の相関関係数/トップ10の平均

<グラフの見方>

  • ユーザーシグナル
  • ソーシャル
  • 被リンク
  • ページ(技術面)
  • ページ(コンテンツ)

検索順位指標別数値

  • クリックスルー率
  • 関連語
  • Google+1
  • 被リンクの数
  • Facebook のシェア数
  • Facebook 総合Facebook のコメント数
  • Pinterest
  • 被リンクURLのSEOビジビリティ
  • Facebook の「いいね!」数
  • ツイート数
  • nofollow属性の被リンク数
  • 徴証語
  • 新しい被リンク数
  • 新しいドメインからの被リンク数
  • キーワードを含む被リンクの割合
  • domain tidアンカーの被リンクの割合
  • 内部リンクの数
  • スワップワードを含む被リンク数の割合
  • body要素内のキーワード
  • HTMLの長さ
  • テキストの文字数
  • ワード数
  • サイト速度
  • 外部リンク内のキーワード
  • アンカーテキスト内のワード数
  • title 要素内のキーワードの位置(文字)
  • URL の長さ
  • title 内のキーワード位置(ワード)
  • 内部リンク内のキーワード
  • サイト滞在時間
  • 同じ国からの被リンク数の割合
  • h2 の要素
  • 画像数
  • h1 要素
  • meta descriptionタグ
  • 動画の有無
  • 直帰率
  • title 要素内のキーワード
  • h2 要素内のキーワード
  • meta description タグ内のキーワード
  • URLがサブドメインではない
  • title 要素の文字数
  • URL 内のキーワード
  • ドメイン名内のキーワード
  • 要素の文字数
  • h1 要素内のキーワード
  • 広告リンク数
  • AdSense
  • 広告リンク数(AdSense を除く)