LGBT人口数とレインボーの意味。旗が8色から6色になった理由

LGBTトラベル

LGBTとは女性同性愛者(Lesbian)、男性同性愛者(Gay)、両性愛者(Bisexual)、身体的性と自認する性が一致しない性同一性障害(Transgender)の頭文字をとった総称です。

LGBTの人口は、カリフォルニア大学ウィリアム研究所によると人口の4%~10%だと推定されています。2016年の人口は推定74億人なので、LGBTの人たちは3億~7億人ぐらい存在することになります。人口の8%~10%が左利きだと言われているので、同じぐらいの人口がいると考えていいかもしれません。

レインボーフラッグが8色から6色になった理由

レインボーフラッグは、1978年6月25日にサンフランシスコで、ゲイの権利を主張する運動のデモの旗づくりを任されたギルバート・ベーカーさんから生まれました。そのデザインは「すべての色を含み多様性を表す虹」と「星条旗の横しま」からインスピレーションを受けたようです。

最初の1枚目は、仲間と集まって自然の染料で一色ずつ染め、手で縫い上げた旗は8色でした。しかし運動が広がったことで、大量の旗が必要になる事態になり、技術的な問題から旗の色は、6色に変更されました。※無くなった色は、ピンクとターコイズ。

8色で構成されたこの旗の色にそれぞれの意味

  • ピンク:セクシャリティ
  • 赤:生命
  • 橙:癒し
  • 黄:太陽
  • 緑:自然
  • ターコイズ:魔術・芸術
  • 藍:平穏・調和
  • 紫:精神

織田信長は両刀だった他、同性愛の意外な事実(0:59~)

インフォグラフィック:LGBT人口数とレインボーの意味。旗が8色から6色になった理由

LGBTトラベル

参照元:http://tg.tripadvisor.jp/lgbttravel/


LGBTの割合。プライド・パレードは1969年アメリカから

記念すべき100回目のTRIPGRAPHICSでは、旅の多様性を願って、LGBTフレンドリーな国をヒートマップで紹介。誰もが等しいしく楽しめるたびを応援します。

ユーロブライド動員数は100万人

欧州最大のLGBTの祭典。100万人以上もの参加者を誇り、LGBTへの理解を求める大規模なパレードが開催されます。大企業や著名人がサポートすることからも、注目されるプライド・パレードです。

同性婚が認められる国は18ヶ国

2001年にオランダで初めて同性婚が法律で認められ、現在18ヶ国で同性婚が認められて、現在18ヶ国で同性婚が認められています。なかでもカナダは、外国人であっても政府より公式の結婚証明書が発行されるため、日本人をはじめ世界から多くの同棲カップルが挙式に訪れます。

日本の推定LGBT人口は635万人

日本のLGBT人口は人口の5%(635万人)と推定されています。LGBT市場の規模は約5兆7000億円と調査結果もあり、企業も無視できないマーケットになっているようです。

世界初のプライド・パレードは1969年6月

LGBTへの理解、権利向上を求めるために世界各国で開催されるプライド・パレード。1965年6月28日ニューヨークのゲイバーに入った警察の弾圧的な捜査に抗議した暴動と、その1年後に開催されたデモ行進が始まりです。今でもこの6月を中心に世界各国でプライド・パレードが開催されます。

▼プライド・パレードカレンダー

マドリード・オルグージョ:スペイン

ヨーロッパ最大規模のLGBTパレードで、5日間にわたり150万人以上の参加者が集う。

プライド・イン・ロンドン:イギリス

こちらもヨーロッパ最大級。大企業のスポンサーがついた派手なパレードが見もの

パリ・ゲイ・プライド:フランス

モンバルナス駅前から革命のシンボル。バスティーユ広場へ華やかなパレードが続く。

アムステルダム・ゲイ・プライド:オランダ

1週間にわたって開催され、運河を行くカナルパレードが見もの。50万人の観衆が集まる。

CSDベルリン:ドイツ

市長自身、ゲイであることを公表しているベルリンのパレード。100万人近い観衆を集める。

ストックホルム・プライド:スウェーデン

北米最大のゲイパレード。4万人が参加し、50万人の観衆が集まる。

ユーロプライド

欧州最大のプライド・パレード。2015年はラトビア共和国のリガで開催。

東京レインボープライド:日本

東京・代々木公園で開催されるパレード&フェスティバル。パレードには約3000人が参加する。

シドニー・ゲイ&レズビアン・マルディグラ:オーストラリア

オーストリア最大のLGBTパレードで、1万人以上の参加者を誇る。

サンフランシスコ・プライド:アメリカ

1970年から続く歴史あるプライド・パレードの一つ。国際LGBT映画祭も開催される。

ロサンゼルス・プライド:アメリカ

1970年から続く歴史あるプライド・パレードの一つ。40万人以上もの観衆が集まる。

プライド・トロント:カナダ

120万人の観衆が集う、カナダ最大のプライド・パレード。コンサートやイベントも多数。

ニューヨークシティ・プライド:アメリカ

レディ・ガガが参加したことでも知られている、1万3000人もの参加者があるパレードが見もの。