チーズ食べる国No.1は美食の国フランス。その量は日本の12倍

世界のチーズ消費量TOP20

チーズの消費国1位となったのは美食のフランス。日本の年間消費量が2.2kgで、フランスが26.2kgなのでおよそ12倍。どうしたらこんなにチーズが食べれるのでしょうか。

フランスでは、食事をするたびにチーズを食べる習慣があります。食事のコースはたいてい前菜、メイン料理、チーズ、デザート。ある作家は、「チーズのない食事は、片目しかない美女のようなもの」と言ったそうです。スゴイ例えですけど、フランス人にとっての食事とチーズの関係がわかりますね。

フランス原産地の代表的なチーズ

  • カマンベール
  • ロックフォール
  • モン・ドール
  • リヴァロ
  • ブリー
  • サントモール
  • ミモレット
  • コンテ
  • マンステル
  • クロタン
  • ブリアサヴァラン
  • フルムダンベール
  • エポワス
  • ブルードーヴェルニュ
  • シャウルス
  • シャビシュー
  • ルブロション
  • セルシュル・シェール
  • サン・マルスラン
  • ポン・レヴェック
  • カンタル
  • ボーフォール
  • クロミエ
  • ライオール

日本ではスライスチーズや6Pチーズなどのプロセスチーズが馴染み深いですが、チーズの本場ヨーロッパでは違います。発酵熟成させたナチュラルチーズが一般的です。

チーズ消費量が多いヨーロッパでは、チーズの硬さによって様々な種類があります。ヨーロッパへ行くことがあれば、ワインと一緒に本場の味を試してみたいですね。

チーズの隠されたパワー

インフォグラフィック:チーズ食べる国No.1は美食の国フランス。その量は日本の12倍

世界のチーズ消費量TOP20

参照元:http://tg.tripadvisor.jp/news/graphic/eatcheese/


世界で最もチーズ好きな国はどこ?チーズ消費量ランキング

国別チーズの年間消費量

  1. フランス:26.2kg
  2. ドイツ:24.2kg
  3. アイスランド:24.2kg
  4. ルクセンブルグ:24.2kg
  5. ギリシャ:23.4kg
  6. フィンランド:22.5kg
  7. イタリア:22.3kg
  8. スイス:21.8kg
  9. エストニア:20.8kg
  10. オーストリア:20.0kg
  11. スウェーデン:19.0kg
  12. オランダ:18.5kg
  13. キプロス:18.1kg
  14. ノルフェー:17.4kg
  15. イスラエル:16.3kg
  16. チェコ:16.2kg
  17. リトアニア:16.1kg
  18. ベルギー:15.3kg
  19. アメリカ:15.2kg
  20. ラトビア:14.3kg

※日本:2.2kg

主なチーズの種類&代表的なチーズ

  • チーズ
    チーズに使われる生乳は、最も多い牛乳をはじめ、山羊や羊、水牛など。変わったところではトナカイの生乳を使うチーズも。
  • プロセスチーズ
    ナチュラルチーズを加熱溶解し、発酵をとめて保存性が高めたもの。日本やアメリカでは一般的だが、ヨーロッパや南米ではほとんど見かけない。
  • ナチュラルチーズ
    加熱しないので乳酸菌が生きており、発酵による自然のおいしさを味わえる。生乳の種類や熟成の有無、熟成方法などによって位は1000種類以上も!
■ソフトチーズ系
フレッシュ
  • リコッタ 牛、水牛、山羊:イタリア
  • マスカルポーネ 牛:イタリア
  • モッツァレラ 牛、水牛:イタリア
  • カッテージ 山羊:オランダ
  • フェタ 羊、山羊:ギリシャ
白カビ ※カビ熟成
  • ブリー 牛:フランス
  • カマンベール 牛:フランス
  • バラカ 牛:フランス
ウォッシュ ※細菌熟成
  • ウォッシュ 牛:フランス
  • モン・ドール 牛:フランス
  • エポワス 牛:フランス
シェーブル ※山羊乳
  • ヴァランセ 山羊:フランス
  • サント・モール 山羊:フランス
  • クロタン 山羊:フランス
■セミハード系
青カビ ※カビ熟成
  • ゴルゴンゾーラ 牛:イタリア
  • ロックフォール 羊:オランダ
  • スティルトン 牛:イギリス
細菌熟成
  • ゴーダ 牛:オランダ
  • カンタル 牛:フランス
  • ライデン 牛:オランダ
■ハード系
細菌熟成
  • エメンタール 牛:スイス
  • チェダー 牛:イギリス
  • エダム 牛:オランダ
  • ミモレット牛:フランス
  • パルミジャーノ・レッジャーノ 牛:イタリア