エアコンをうまく使うための13ルール。冷房と除湿の違いは?

みんなのエアコン冷房の使い方は?

環境省が推奨しているエアコンの設定温度は28度。あなたの身近にあるエアコンは何度に設定されていますか?

エアコンは、今や日本の夏を快適に過ごすために欠かせない家電となっています。近年は屋内での熱中症事故も報告され、一家に2台、3台と複数台持つ家庭が増えています。

そこで心配になるのが電気料金です。一般家庭の夏の電気料金は、エアコンが50%以上占めると言われています。ということは、エアコンを上手に使うことができれば、かなり節電効果が期待できます。

エアコンをうまく使う13の利用法

  1. 運転を停止するより、温度設定で調整をする
  2. タイマー機能を活用し、必要な時間だけ使用する
  3. 風量設定は、自動運転機能を利用する
  4. 冷房時の風向きは、水平にする
  5. 設定温度を下げる前に、風量を調節する
  6. エアコンの掃除は、2週間に1回する
  7. 室外ユニットのまわりには、モノを置かないようにする
  8. 長く使わないときは、電源プラグを抜いておく
  9. エアコン利用時は、カーテンや断熱フィルムで日差しを遮断する
  10. 窓や戸の開閉は、少なめにする
  11. 扇風機やサーキュレーターを併用し、部屋の空気をかき混ぜる
  12. 室外ユニットは、直射日光が当たらないようにする
  13. 涼しい素材の服を着る

冷房と除湿の違い

冷房と除湿は、両者の役割が違います。また最近のエアコンは、弱冷房除湿や再熱除湿などの機能があります。それぞれのエアコン機能は、用途を正しく使うことでより快適に効率よく利用できます。

  • 冷房:温度を下げることが一番の目的
  • 除湿:湿度を下げることが一番の目的
  • 弱冷房除湿:温度を少し下げて除湿する
  • 再熱除湿:温度を下げずに除湿する

自分で出来るエアコンクリーニング!

インフォグラフィック:エアコンをうまく使うための13ルール。冷房と除湿の違いは?

みんなのエアコン冷房の使い方は?

参照元:https://enechange.jp/articles/questionnaire-air_conditioner-summer2015


エアコンの効率を上げて省エネ温度へ

みんなのエアコン冷房の使い方は?

環境省が推奨する省エネ温度の28℃以上の設定温度を日中使えている人はわずか20%

日中のエアコン冷房設定温度
  1. 27℃~25℃ 58%
  2. 24℃以下 22%
  3. 28℃以上 20%
夜のエアコン冷房設定温度
  1. 27℃~25℃ 58%
  2. 28℃以上 33%
  3. 24℃以下 9%
1.エアコンの製造時期

年代が新しいエアコンを使っている人は、28℃以上に設定している割合が大きいんです!

2005年以前のエアコン
  1. 27℃~25℃ 62.5%
  2. 24℃以下 20.8%
  3. 28℃以上 16.7%
2006年-2010年のエアコン
  1. 27℃~25℃ 62.5%
  2. 28℃以上 20.8%
  3. 24℃以下 16.7%
2011年以降製造のエアコン
  1. 27℃~25℃ 54.5%
  2. 28℃以上 24.2%
  3. 24℃以下 21.2%
2.掃除の頻度

28℃以上に設定している人は、定期的に掃除をすると応えた割合が最大でした。

定期的にする
  1. 28℃以上 60.00%
  2. 24℃以下 40.91%
  3. 27℃~25℃ 32.76%
シーズン前に一度だけ
  1. 27℃~25℃ 60.00%
  2. 24℃以下 40.91%
  3. 28℃以上 32.76%
シーズン前に一度だけ
  1. 27℃~25℃ 51.72%
  2. 24℃以下 50.00%
  3. 28℃以上 35.00%
したことがない
  1. 27℃~25℃ 15.52%
  2. 24℃以下 9.09%
  3. 28℃以上 5.00%
3.エアコン以外の暑さを避ける工夫

さまざまな工夫を聞いてみると、設定温度べつにおおきく違ったのはこの3点でした

窓の外に日除けをつける
  1. 27℃~25℃ 19%
  2. 28℃以上 15%
  3. 24℃以下 9%
涼しい素材の服を着る
  1. 28℃以上 40%
  2. 27℃~25℃ 34%
  3. 24℃以下 23%
断熱フィルムを窓に貼る
  1. 28℃以上 10%
  2. 27℃~25℃ 5%
  3. 24℃以下 0%