ノンアルコールビール27.8%が賛成。オフィスでノンアルどう思う?

ノンアルコールビール意識調査

オフィスでノンアルコールビールを飲む人が、市民権を得るのはそう遠くないかもしれません。

ノンアルコールビールは、2009年に登場した「キリン フリー」を機に、世間に広まりました。今では各社から新商品が次々に発売され、ノンアルコール飲料の市場は発売当初と比べると10倍以上に大きく成長し続けています。

ノンアルコール飲料がこれほどまでに受け入れられた理由は、味が進化したためと考えられています。一昔前は、お酒が飲めない人や飲めない事情があるときに、ビールを飲む雰囲気を味わうための代替飲料でした。

しかし、それが今ではあえて家でノンアルコールを選ぶ人が増えてきています。ノンアルコールビールは、代替飲料から新しい飲み物のジャンルを開拓しました。

ノンアルコール飲料と飲酒運転

ノンアルコール飲料は、種類によってアルコール分が含まれているものがあります。運転する可能性がある場合は、購入する際にラベル等を確認する必要があることを知っておいてください。アルコール度数が1%未満は、飲酒運転になってしまう可能性があることも覚えておいてください。

ノンアルコール飲料の定義

ノンアルコール飲料はどんな飲み物か正確に伝えられる人は多くありません。ノンアルの定義はアルコール分が含まれない、もしくは1%未満のアルコールを含むアルコールテイストの飲料です。ちなみに日本の法律では清涼飲料水に分類されています。

激安ノンアルコールビールを買ってみた

インフォグラフィック:ノンアルコールビール27.8%が賛成。オフィスでノンアルどう思う?

ノンアルコールビール意識調査

参照元:http://econte.co.jp/resource/alcohol-free/


額面以上の価値がある硬貨

オフィスでビールの時代到来!?
ノンアルコールビール意識調査

オフィスで飲むことに、あなたは賛成?反対?

賛成 27.8%
  1. 息抜きやリラックスになるから 64.9%
  2. 他の飲み物と変わらないから 23.1%
  3. 気分が盛り上がるから 23.4%
  4. アイディアが出やすくなるから 18.0%
  5. 仕事に集中しやすくなるから 16.2%
反対 72.3%
  1. 誤解をうけやすいから 60.2%
  2. わざわざ飲む理由がわからないから 42.2%
  3. 緊張感が保てなくなるから 29.8%
  4. お酒の代わりの飲み物であるから 24.2%
  5. ビールのような香りがあるから 19.0%

ノンアルコールビールを飲んでも良いと思う仕事のシチュエーション

  1. 社外でのランチ中 41.9%
  2. 残業中 40.0%
  3. 社内でのランチ中 31.9%