世界一厚い本は、驚き4.08m!世界一読書好きな国はインド

本にまつわる世界記録

日本人は真面目で勤勉家と言われていますが、世界の国々と比べると本を読む時間が短いことが分かりました。

読書時間が長い国ランキングのベスト3はインド、タイ、中国。アジアの国が上位ランキングに入る中、日本は32位で蚊帳の外です。勤勉家といわれる日本人よりも、ランキング上位の国の方が勉強熱心なのかもしれませんね。

また読書時間の長いアジアの国々は、近年急成長してきているところばかりです。発展途上国だった彼らは、今や先進国と肩を並べるところまできています。5年後、10年後は読書時間だけでなく、世界経済が彼らの国々を中心にまわっているかもしれません。

本を読むことが全てではありませんが、本には人類の積み重ねた成果が刻まれています。最近忙しくて本を読むことがなった方は、久々に読書をしてみてはいかがでしょうか。

堀江貴文が本を1000冊読んで思ったこと

インフォグラフィック:世界一厚い本は、驚き4.08m!世界一読書好きな国はインド

本にまつわる世界記録

参照元:http://r.gnavi.co.jp/g-interview/entry/201312book-ig.html


本に関する世界記録事情

世界で最も厚い本:4.08m

ドイツ 2010年 :50,560ページ、220kgで、コンテストに応募した4万人の子供の絵や文章が収録されている。

本を頭の上に乗せ世界で最も階段を上った段数:122段

アメリカ 2009年

本を頭の上に乗せ世界で最も長く歩いた距離:32.18km

アメリカ 2011年

読書時間が長い国ランキング

世界第一位のインド州10.7時間に比べ、日本はその半分以下の州4.1時間である。

  • 1位:インド:一週間に10.7時間
  • 2位:タイ:一週間に9.4時間
  • 3位:中国:一週間に8.0時間
  • 4位フィリピン:一週間に7.6時間
  • 5位エジプト:一週間に7.5時間
  • 27位:イギリス一週間に5.3時間
  • 28位:ブラジル:一週間に5.2時間
  • 29位:台湾一週間に5時間
  • 30位:日本一週間に4.1時間
  • 31位:韓国:一週間に3.1時間

世界で最も長い本のタイトル文字数:5633文字

インド 2010年

世界で最も売れなかった本の売れ残り期間:191年

国・年号不明:David Wilkinsがコプト語からラテン語に翻訳した新約聖書。1716年に500部発行されたが、平均で20週に1冊しか売れず、191年間売れ残った。出版はOxford University Press。

世界で最も長いシリーズの旅行ガイド「るるぶ」

日本 201年:2010年11月2日、合計で3791冊出版した。1984年から1993年までに一年で100冊以上出版し続けた。