10代スマホ動画視聴率70%、50代タブレット電子書籍閲覧率40%

マルチスクリーン時代デバイスの今

パソコンが普及して、インターネットユーザーが増えました。タブレットが普及して電子書籍ユーザーが増えました。

そしてスマートフォンが普及して、私たちの生活が変わりました。

電車通勤をしている人たちは、それを実感しているのではないでしょうか。通勤や帰宅途中では、スマートフォンが手放せないものになったからです。ニュースやSNS、スケジュール管理に地図・ナビゲーション機能、時間つぶしゲームアプリ、おもしろ動画など。

そんなことはないと思っている人がいたら、自分の乗り合わせている車両でスマートフォンを見ていない人の数を数えてみてください。乗り合わせている人の半数以上は、必ずスマートフォンを触っています。そしてゲームやYouTubeを見ている人たちがほとんどです。

さらに最近では、スマートウォッチなどのを新しい端末も増えてきました。各デバイスは利用動向や使われ方が変化し、最適化されてきています。今後もウェアラブル端末などの新たなデバイスが増えて、さらにマルチスクリーン時代が加速していくのは間違いないでしょう。

西暦3000年までの未来予測

インフォグラフィック:10代スマホ動画視聴率70%、50代タブレット電子書籍閲覧率40%

マルチスクリーン時代デバイスの今

参照元:http://yahoojp-marketing.tumblr.com/post/109564662638


マルチデバイス時代のデバイス事情

種類の違うデバイスで、毎日2台以上利用している人が40%以上存在

スマートフォンユーザー傾向

  • スマートフォンをほぼ毎日利用している人の割合は93%
  • 一回の平均利用時間は47分
  • 利用場所は自宅と 自宅外でほぼ半分
  • スマートフォンならではの利用目的には、地図・ナビゲーション機能(68%)、暇つぶし(67%)、動画視聴(50%)が高い
  • スマートフォンでの動画視聴は、若年層ほど利用する割合が高く、10代では男女ともに70%以上

タブレットユーザー傾向

  • タブレットを2人に1人が毎日利用
  • 一回の平均利用時間は34分
  • 利用場所は75%が自宅
  • 50代男性が、タブレットから電子書籍を閲覧する割合43%

パソコンユーザー傾向

  • パソコンを2ほぼ毎日利用している人の割合は82%
  • 一回の平均利用時間は103分
  • 利用場所は76%が自宅で、主な利用目的はネットショッピング、資料作成など
  • 30代以上のネットショッピングの利用者は、70%以上