検索エンジン解析で浮き彫りになるユーザー(利用者)行動

検索エンジン動向分析

検索エンジンは、スマートフォンが普及して利用シーンが大きく変わりました。何よりスマホは、「移動しながら検索できる」ことを可能にしました。

この機能がどれだけの新規ユーザーを取り込み、どれだけ私たちの生活を便利にしたかは計り知れません。

会社通勤や帰宅の際にニュースを見たり、訪問先へ向かうときスマホで移動しながら行き先を確認したり、暇な時間にゲームしたり。スマートフォンは、今まで何もしていなかった移動時間が、情報を見る時間へと革命を起こしたんです。

検索エンジン動向分析:サイト運営者スコープ

  • 日中は仕事で事務作業を行う人が多く、デスクトップの利用者が高い傾向
  • インターネット検索リテラシーが高いユーザー層(44~54歳以下)は、Googleを使って検索。55歳以上のユーザーや女性は、Yahoo!の検索エンジンを利用。※インターネット検索リテラシー=インタネットの検索を日常的に利用。
    →20年後、または30年後はYahoo!検索エンジンのシェアは激減し、検索エンジンはGoogleの独占状態になる可能性が高い。
  • 検索エンジン、デバイス、OSどのセグメントの仕方でも検索キーワードは1語、又は2語で90%以上を占めている。
    →SEO対策の基本はキーワードは1語、又は2語。ロングテールのキーワードで考える場合はそれ以上のキーワード数を対象とする。
  • 今後デスクトップは縮小傾向になることは、大手企業のパソコン売上より明らかです。ただパイが小さくなるだけで、無くなるわけではありません。モバイルとデスクトップのどちらに注力すべきかは明らかです。
    →今後もモバイルファーストの考え方は一層強くなっていきそうです。

Google検索の裏ワザ

インフォグラフィック:検索エンジン解析で浮き彫りになるユーザー(利用者)行動

検索エンジン動向分析

参照元:http://infographic.jp/gallery/search-engines/


検索エンジンのデータから見えるユーザー(利用者)情報

時間帯ごとに利用されているデバイス

  • 基本的にPCの利用率が高いが、夜(20時以降)はスマートフォンの利用が高くなる。
  • 夕飯時(19時)はPCの利用率が低くなる。
  • 昼休憩時(12時)はスマートフォンの利用率が高くなる。

検索エンジンのシェア

年齢層ごと
  • 45~54歳以下の年代は、Googleのシェアが最も高い。
  • Googleは、スマートフォンでの利用率が高いことから、スマートフォン所持率が高い若年層でシェアが高まった。
  • bingのシェアは、最も高い65才以上でも約4%で、国内シェアはどの年齢層でも低い。
性別ごと
  • 男女ともにGoogleのシェアが最も高い結果になった。
  • 女性は男性と比較すると、GoogleよりもYahoo!を利用する傾向がある。
OSごと
  • WindowsとiOSは、Yahoo!でのシェアが最も高い。
  • GoogleはすべてのOSでシェアが高い。

検索時に使用されているキーワードの掛け合わせ数

検索エンジンごと
  • どの検索エンジンにおいても、検索は1語で行われる事が多い
  • 4語以上の掛け合わせ検索は1%以下であり、行われるケースは非常に低い。
  • 最も1語検索が行われている検索エンジンは、bingと言う結果になった。
デバイスごと
  • どのデバイスにおいても、検索は1語で行われることが多い。
  • 4語以上の掛け合わせ検索は1%以下であり、行われるケースは非常に低い。
  • 最も1語検索が行われているデバイスは、タブレットという結果になった。
OSごと
  • どのOSにおいても、検索は1語で行われることが多い。
  • 4語以上の掛け合わせ検索は2%以下であり、行われるケースは非常に低い。
  • フィーチャーフォンと比較すると、スマートフォンの検索は2語で行われる事が多い。