人気スニーカーの歴史。流行りの靴をまとめた134足

時代によって変わる流行スニーカーの歴史

今は履かれている人気スニーカーの「コンバースオールスター ジャックパーセル」や「アディダス スーパスター」のオリジナルは、1960年代に作られたものです。

「コンバースオールスター ハイカット」については、2017年で100周年記念です!

1917年に作られた靴が、今でもスニーカー定番アイテムとして履かれている理由は、デザインの完成度が高いからなんでしょうね。決して履き心地は今のスニーカーと比べると良くはありませんが、シンプル・イズ・ザ・ベストを極めたデザイン性が根強い人気です。

コンバースオールスター生まれたのは、1917年でバスケットプレーヤーのチャック・テイラーの名前がつけられました。その後チャックは、この靴の改良提案や販売に携わり、人気スニーカーに押し上げました。その功績が認められ、1946年以降のオールスターには、踝(クルブシ)の星のマークのところに彼のサインが入るようになりました。

ちなみにギネスブックで世界で一番売れているスニーカーは、「アディダス スタンスミス」になっていますが、本当は「コンバースオールスター」とのことです。理由はコンバース社が販売された靴の数を数えていないだけで、その数を数えたら比べものにならないほど断トツ1位らしいです。歴史が全然違いますから…。

大人のスニーカー

インフォグラフィック:人気スニーカーの歴史。流行りの靴をまとめた134足

流行によって変わるスニーカーの歴史

参照元:http://www.fastcodesign.com/1672982/infographic-the-ultimate-history-of-sneaker-design


スニーカー134足のデザイン一覧 1917年~2013まで

  • 1917年:コンバースオールスター チャック・テイラー
  • 1935年:コンバース ジャックパーセル
  • 1950年:アディダス サンバ
  • 1957年:コンバースオールスター ロウカット
  • 1965年:アディダス スタンスミス
  • 1968年:アディダス ガゼル
  • 1968年:プーマスエード
  • 1969年:アディダス スーパースター
  • 1969年:オニツカタイガー コルセア