カメラの歴史を時系列で見る。時代と共に変化するフォルム(形状)

カメラの歴史を時系列で振り返る

携帯電話の機能として今や欠かすことのできないカメラですが、昔は考えられないほど大きさでした。

カメラが開発されたばかりの初期(1835~1862年)のサイズは、手持ちで撮影することできないくらい大きなものでした。

1885年頃から手持ちできるほど小さなカメラになり、その後さらにカメラの軽量化が進み、今ではスマートフォンの機能として利用できるまでになりました。

日本のカメラでは1949年に「キャンノンII B(2B)型」、1959年にニコンF(ニコンエフ)、1959年にOLYMPUS PEN(オリンパスペン)のフィルムカメラなどが紹介されています。

海外のカメラでは、1925年のLeica(ライカ)、1937年のMinox(ミノックス)のドイツメーカーや1938年のKodak(コダック)のアメリカメーカーが紹介されています。また1972年当時絶大な人気を誇った、通称「アラジン」と言われたポラロイド社の「ポラロイドXS70」もありますね。

私達の一瞬を記録して思い出にしてくれるカメラは、もはや現代人の必需品です。これからもカメラの進化を見守っていきたいです。

白黒写真をカラー化するプロジェクト

インフォグラフィック:カメラの歴史を時系列で見る。時代と共に変化するフォルム(形状)

カメラの歴史を時系列で振り返る

参照元:http://visual.ly/short-history-photographic-camera


時系列で見るカメラの進化

  • 1925年:Leica(ライカ)
  • 1937年:Minox(ミ ノックス)
  • 1938年:Kodak(コダック)
  • 1949年:キャンノンII B(2B)型
  • 1959年:ニコンF(ニコンエフ)
  • 1959年:OLYMPUS PEN(オリンパスペン)
  • 1972年:ポラロイド社 ポラロイドXS70