パスタの種類と最適なソースの組合せ。王道トマトソースは何でも相性抜群

パスタとソースの関係

パスタは、紀元前4世紀頃にイタリアで生まれました。そんな歴史あるパスタは、どんなソースとの組み合わせがいいのでしょうか。

パスタのルーツをもう少し話すと、イタリアは温暖で縦に長い地形なため、風土によって北部と南部で別々の食文化が発展。北部では太めの生パスタが主流で、ソースはクリーム系と肉類系が中心。南部では細めの乾燥パスタが主流で、ソースはオリーブオイルと魚介が中心。

イタリア北部のロングパスタは、チーズやひき肉などこってりしたソースを合わせると相性がいいです。またショートパスタ全般も同様の味付けのソースが向いています。

南部のロングパスタは、オリーブオイルを主体としたシンプルなソース、さっぱりとしたソースがよく絡ませることができ相性がいいです。

王道のトマトソースは、ロングパスタでもショートパスタでもすべてのパスタに相性抜群。

今までパスタの種類は「形」が違うものを想像してしまいますが、ロングパスタの種類の中にも7種類のパスタがあるんですね。さすがにフィットチーネ(きし麺みたい)とカッペリーニ(細ずぎる)は別の種類のパスタが違うことは知っていましたが、それ意外は区別していませんでした。

次にパスタを食べるまたは作るときは、ロングパスタとショートパスタの種類を意識して、ソースとの相性を感じてみたいと思います!

パスタ王のトマトスパゲッティの作り方

インフォグラフィック:パスタの種類と最適なソースの組合せ。王道トマトソースは何でも相性抜群

パスタとソースの関係

参照元:http://zunny.jp/00001096


ロングパスタ、ショートパスタとソースの関係

ロングパスタの種類

  • フィットチーネ:7~8mm
  • リングイネ:3mm
  • ブカティーニ:2~3mm
  • スパゲティ:1.6~1.9mm
  • スパゲッティーニ:1.5mm
  • フェデリーニ:1.4mm
  • カッペリーニ:0.9mm
ソース別ロングパスタの相性
  • トマトソース系(アラビアータやペスカトーレなど)はどんなロングパスタでも相性がいい
  • クリームソース(カルボナーラなど)、ラグーソース(ミードソース、ボロネーゼなど)、バジルソース(ジェノベーゼなど)は、スパゲティ以上のロングパスタが相性がいい
  • 和風、オイル(ペペロンチーノなど)はスパゲィ以上のパスタの太さが相性がいい
  • 冷静ソースは、フェデリーニか、カッペリーにのいずれかが相性がいい

ショートパスタの種類

  • リガトーニ:筒状のパスタ
  • ペンネ・リガーテ:筒状のパスタの切り口を斜めに切ったパスタ
  • フジッリ:強めにねじられたパスタ
  • ルオーテ:自転車輪のようなパスタ
  • コンキリエ:貝殻のようなパスタ
  • ファルファッレ:リボンのようなパスタ
  • マッケローニ:筒状のパスタで、マカロニとも呼ばれる
  • カヴァタッピ:ゆるくねじったようなパスタ
ソース別ショートパスタの相性
  • トマトソースはどのショートパスタにも相性がいい
  • ジェノバソースは、ペンネ・リガーテかフジッリのショートパスタと相性がいい
  • クリームソースは、ファルファッレ以外のショートパスタと相性がいい
  • スープパスタには、ルオーテやフジッリ、ファルファッレやコンキリエのショートパスタと相性がいい
  • グラタンには、コンキリエやカファタッピ、マッケローニのショートパスタと相性がいい