ビールを世界一飲む国は昔はアメリカ、今は中国。需要が急拡大

中国のビール需要が10年前よりも90%アップ

世界のビール消費量は長い間アメリカが1位でしたが、新興国の需要が高まりその数字に変化が表れてきました。

2002年ビールの消費量は、アメリカと中国がほぼ同じくらいの消費量でした。しかし、2012年のランキングを見ると、アメリカに大差をつけて中国の消費量が伸びています。その伸び率を2003年と比べると90%以上です。

アメリカや日本、ドイツやイギリスの消費量は横ばいですが、ブラジルやメキシコ、ロシアなどの新興国の消費量増が目立っています。今後も新興国の需要は、高まっていくと考えられています。

ちなみに国別で国民一人当たりのビール消費量は以下のようになっています。気になるのは国別の消費量とは全然違う結果になっていて、ヨーロッパのビール消費量が高いのが特徴です。

国別で国民一人当たりのビール消費量ランキング

  1. チェコ
  2. ナミビア
  3. オーストリア
  4. ドイツ
  5. ベリーズ
  6. エストニア
  7. ポーランド
  8. リトアニア
  9. ルーマニア
  10. フィンランド

※2013年「キリンビール大学」レポートより

ベッキー3杯飲むと胸が大きくなるビールでただの酔っぱらいになる

インフォグラフィック:ビールを世界一飲む国は昔はアメリカ、今は中国。需要が急拡大

中国のビール需要が10年前よりも90%アップ

参照元:http://asia.nikkei.com/magazine/20141106-Asia-s-most-desired-brands/DATA-in-the-News/Raising-a-mug-to-emerging-markets


世界ビール消費量ランキング

2012年ビール消費量

  1. 中国
  2. アメリカ
  3. ブラジル
  4. ロシア
  5. ドイツ
  6. メキシコ
  7. 日本
  8. イギリス
  9. ポーランド
  10. スペイン

※世界ビール消費量合計187.37KL

2003年ビール消費量

  1. アメリカ
  2. 中国
  3. ドイツ
  4. ブラジル
  5. ロシア
  6. 日本
  7. イギリス
  8. メキシコ
  9. スペイン
  10. ポーランド

※世界ビール消費量合計141.38KL