富士山の様々な記録に驚愕!最年長登頂101歳・最速登頂2.5時間

記録で見る富士山 図解1分でわかる富士山シリーズ第ニ弾!

富士山をどれだけ短い時間で登れるかを競う大会「富士登山競争」、初めて富士山に登った人は「聖徳太子」。

他にも最年長登山登頂記録は「101歳の五十嵐貞一翁さん」、「ホッピングで五合目から頂上」など富士山にまつわる興味深い内容を教えてくれています。

どの記録も破天荒ですが、實川 欣伸(ジツカワヨシノブ)さんの記録が、一番スゴイと思いました。その記録が下に2つの記録です。
※私も1回だけ富士山登山をしたことがありますが、もう2度と登ることはないと思ったぐらい大変でした。

實川 欣伸(ジツカワヨシノブ)さんの富士山記録

  • 富士山を75日連続で1日2回登頂
  • 富士山登山回数がトータルで1,429(現在も記録更新中)

富士登山<最年少記録!3歳の挑戦>

富士山の様々な記録に驚愕!最年長登頂101歳・最速登頂2.5時間を表すインフォグラフィック

記録で見る富士山 図解1分でわかる富士山シリーズ第ニ弾!

参照元:http://www.fujiyama-navi.jp/infographics/record/


富士山にまつわる記録事情

人的記録で見る富士山

  • 101歳:最高年齢登頂記録(1998年)
    五十嵐貞一翁さん
  • 1429回:第三者による記録が残る最多登頂回数(2013年5月20日時点)。75日連続で1日2回登頂。現在も記録挑戦中
    實川 欣伸さん
  • ホッピング:五合目から頂上まで、16マイルの道のりをホッピングで登下山(1993年)
    記録マニア アシュリタ・ファーマンさん

観測記録で見る富士山

  • 2008年8月9日・1956年10月26日:初冠雪日(最速・歳晩)
    初冠雪とは、対象とする「山の一部が雪等の固形降水により白くなった状態が初めて見えたとき」
  • -38度:過去最低気温
    1981年2月27日に記録。日本最低気温、歴代4位。
  • 72.5 m/s:過去最大風速
    風向は西南西。1942年に記録。日本最大風速、歴代1位。
  • 高さ40メートル:精進の大杉(天然記念物)
    樹高40メートルの杉の巨樹。
  • 樹齢800年:狩宿の下馬桜(特別天然記念物)
    高さ35m、樹齢800~1000年の巨木。
  • 320km:富士山を一番遠くで見られる場所
    最高視認距離は320キロ。1996年までの調べによる。和歌山県にある大雲取山。

大会記録で見る富士山

  • 富士登山駅伝競走大会:世界で最も高低差の大きい、日本一過酷な駅伝と言われている。
    <コース>御殿場市陸上競技場~富士山頂(折返)
    距離:46.76km|標高差3,199m|最大傾斜 35度以上
    ※6区は、傾斜35度以上の急勾配の上稀薄な酸素に悩まされる過酷な区間。
  • 富士登山競争:山頂コースは標高差3,000mで、日本一の山岳レースと言われている。
    <コース>富士吉田市役所前~富士山頂久須志神社
    最短記録:2時間27分41秒(2011年男子の部)2時間51分36秒(1986年女子の部)
  • Mt.富士ヒルクライム:距離25km、公売平均.2%の坂道をひたすら自転車で登るレース。
    <コース>富士北麓公園~富士山5合目
    一般参加最短記録:1時間 完走した最高年齢 73歳

初めての記録で見る富士山

  • 初登山者
    飛鳥時代、推古天皇6年(598年)、聖徳太子が馬に乗って登ったという記録がある。
  • 初外国登山者
    1860(万延元)年、イギリス公使のラザフォード・オールコックが外国人で初めて富士登頂に成功。
  • 初女性登山者
    1832(天保3)年、当時女人禁制だったが、「高山たつ」という女性が男装して登った。
  • 初銭湯に富士山の絵
    大正元年(1912年)に東京神田猿楽町にあった「キカイ湯」の主人が、画家の川越広四郎に壁画を依頼した。