雑煮の餅は東と西で形が違う?北海道と沖縄には雑煮がなかった

丸餅vs角餅 お雑煮天下分け目の戦い

私は生まれも育ちも関東なので、お雑煮はずっと角餅で育ってきました。しかし嫁の実家(兵庫県)でお雑煮を食べたとき、丸い餅と味に驚きました。

実はお雑煮の丸餅と角餅には、日本のある地域で境目があるんです。みなさん知っていましたか。

その場所の境目は、戦国時代を終わりにさせるために西軍と東軍がぶつかり合った「関ケ原」です。戦国末期に徳川家康が天下分け目の決戦を制した場所は、食文化的にも分かれ目だったんです。

また関ケ原を境目にしているのは、雑煮の餅の形だけではなく味付けも分かれています。関ヶ原の東側では、汁の味付けは醤油のすまし仕立てで、西側では、白味噌仕立てです。関東人の私には、西側のお雑煮は味噌汁に餅をいれたように感じてしまい、正直違和感がありました。

雑煮について調べていてわかったことですが、昔北海道と沖縄県にはお雑煮を食べる文化がなかったらしいです。ウィキペディアによると、今でも沖縄では、正月にお雑煮を食べるところは少ないらしいです。

鳥取の雑煮は甘い!

インフォグラフィック:雑煮の餅は東と西で形が違う?北海道と沖縄には雑煮がなかった

丸餅vs角餅 お雑煮天下分け目の戦い

参照元:http://shop.gnavi.co.jp/Mallgn/special/osechi/ig_ozouni.html


日本のお雑煮の餅事情

おおよそ岐阜県関ケ原を通るラインを境に東西に分けられる。天下分け目の戦いが繰り広げられた関ケ原は、食文化の東西の分かれ目でもあった。

分岐ライン:石川県金沢、岐阜県高山、岐阜県関ケ原、三重県四日市、和歌山県新宮

北海道・沖縄はもともとお雑煮を食べる文化が無く、本州からの移住者によって伝えられている。

丸餅文化

  • ルーツは平安時代、公家たちが正月祝いに中国伝来のワンタンをもちに代えてあわびの汁で煮て食べていたものといわれている。
  • 丸餅は「円満」という意味をもつ縁起ものである。
  • 古風で、京都の文化を受けたと土地に広まった

角餅文化

  • 京都から伝わった雑煮だが、江戸は人口が多かったため、手っ取り早く数が作れる角餅が使われた。江戸の文化を受けた土地に広がった。
  • 東北地方は、寒冷と乾燥のため丸もちにするとヒビが入ってしまうため角餅にしたともいわれている。