ノーベル平和賞受賞者の傾向。近年は女性とアジア人が活躍

歴代ノーベル平和賞受賞者のインフォグラフィック

1901年から始まったノーベル平和賞ですが、同賞の歴代受賞者数を大陸別に見ると、ヨーロッパが断トツです。

ヨーロッパでは男性受賞者が45人、女性受賞者が4人、施設・機関・制度で4回受賞しています。ノーベル平和賞受賞率で見ると50%以上です。なぜヨーロッパでは、ノーベル平和賞受賞者が多いのでしょうか。

ヨーロッパは狭い土地で、各国が非常に多くの戦争を経験してきました。その頻度は戦争のなかった時期を探すのが苦労するほどです。そしてその戦争のたびに、科学や経済が躍進を遂げます。必要は発明の母といいますが、戦争という究極の実務の中で論理的な思考が鍛えられ、また科学が飛躍的に発達する契機になったのではないでしょうか。

このような状況は東洋の場合も存在しましたが、永い平和の時期もありました。歴史の中で中国皇帝は、「中華は欲しいものが全て揃っておりこれ以上なにを望むのか」と公言したほど平和な状態だったのでしょう。平和ボケとは言わないまでも、刺激のないルーチンの生活は論理的思考は止まり、科学の発展は停止するのではないでしょうか。

ヨーロッパと東洋は、これまでこの差が大きくあった影響なのかもしれません。

アジアや南アメリカでは上記の影響もあり、まだ受賞歴が少ないようです。これからの100年の活躍を期待したいです。また日本人では1974年に非核三原則の制定が評価されて、佐藤栄作が同賞を受賞しました。

ノーベル平和賞受賞スピーチ:マララ

ノーベル平和賞受賞者の傾向。近年は女性とアジア人が活躍を表すインフォグラフィック

歴代ノーベル平和賞受賞者のインフォグラフィック

参照元:http://www.economist.com/blogs/graphicdetail/2013/12/daily-chart-10


ノーベル平和賞受賞者事情

大陸別ノーベル平和賞受賞ランキング

<ヨーロッパ大陸>

  • 男性:45人
  • 女性:4人
  • 施設・機関・制度:14

<北アメリカ大陸>

  • 男性:9人
  • 女性:3人
  • 施設・機関・制度:8回

<南アメリカ大陸>

  • 男性:3人
  • 女性:1人
  • 施設・機関・制度:0回

<アフリカ大陸>

  • 男性:11人
  • 女性:5人
  • 施設・機関・制度:0貝

<アジア大陸>

  • 男性:8人
  • 女性:2人
  • 施設・機関・制度:1回