飛行機持ち込み可能な液体の境界線。水羊羹はOKでプリンはNG

液体物の機内持ち込み OK/NGの境界線

飛行機には、液体物の持ち込み制限があることは知っている人は多いと思います。ですが何が持ちこめて、何が持ち込めないかを知っている人は少ないかもしれません。

そんな食べ物のボーダーラインをインフォグラフィックにしてみました。

水羊羹はOKで、プリンやキムチ、塩辛が持ち込みNGだとは知りませんでした。またしば漬け・梅干しがNGなのは、個人的にはビックリでした。みなさんも機内に持ち込める境界線を確認してみてください。

飛行機の機内に持ち込みできるもの、できないもの

インフォグラフィック:飛行機持ち込み可能な液体の境界線。水羊羹はOKでプリンはNG

液体物の機内持ち込み OK/NGの境界線

参照元:http://tg.tripadvisor.jp/carryon/


飛行機に持ち込める液体のOK/NGの境界線事情

日本を出発するすべての国際線では、客室内への液体物の持ち込みが制限されています。
液体物には、「液体」に加え「ジェル類」および「エアゾール(煙霧質)」が含まれ、半液体状物(容器に入れないとその形状を保てないもの)も量的制限の対象となります。

量的制限の対象となる液体物を機内に持ち込むには?

  • 100ml以下の容器に分ける。内容物が100ml以下でも容器が肥えていると没収対象。
  • 1リットル以下のジッパー付き透明プラスチック袋に入れる。

飛行機に持ち込みOKのもの

  • 水羊羹
  • チーズ
  • シュークリーム
  • 黒胡椒
  • 切干大根
  • 鮭フレーク
  • 豆大福
  • カリカリ梅
  • 焼き海苔
  • チョコレート

飛行機に持ち込みNGのもの

  • プリン
  • バター
  • ホイップクリーム
  • ゆず胡椒
  • キムチ
  • 塩辛
  • ねりあん
  • しば漬け・梅干し
  • 海苔の佃煮
  • チョコソース

飛行機搭乗の注意事項

  • 保安検査の効率化や混乱防止のため、機内で必要となるものでない限り、航空会社のカウンターにて受託手荷物としてお預けください。
  • 保安上は問題ない物品であっても、検疫等の観点から入国先で持ち込み禁止と判断され、税関にて没収となる場合があります。
  • 量的制限対象品についての具体的な判断は最終的に保安検査場における検査員が行いますので、各自指示に従ってください。