人間の9つの能力。あなたはいくつ持ち合わせてる?

知性のタイプ

計算が早い、コミュニケーション能力が高い、スポーツが得意…人それぞれの個性と同じように「知性」にもいくつかの種類があります。

これまで知能(知性)は遺伝的に受け継いだり、後天的に学習したひとつのものと考えられてきました。しかし最近の研究でわかったことは、人間には9つの独立した知性がある可能性が高いようです。

知性は、同じ教育を受ければ同じ知性の人間が育てられると考えられていましたが、それを実践することが難しいと認知されてきました。

この事実を日常で体験しているのが、教育者です。教育者は、様々なカリキュラムを繰り返しアプローチしていますが、生徒全員に同じ知性を養わさせることができません。その理由こそが、生徒たちの知性の種類が同じではない可能性があるためと考えられています。

自分が何が得意で、何が苦手なのか

「適材適所」という言葉があります。適材適所を実行するためには、自分の弱みと強みを知っておかなくてはいけません。もしあなたがどんなに歌手になりたいとしても、歌がうまくない人がシンガーソングライターになることは難しいのが現実です。

でも自分が歌うことが得意でないとわかっていたら、歌手ではなく他に職業を目指すのが普通ではないでしょうか。このことについて東進ハイスクール兼タレントの林修先生が、名言を残してくれているので紹介します。

「努力は裏切らないっていう言葉は不正確だ。正しい場所で正しい方向で十分な量なされた努力は裏切らない。」

確かにって思います。この名言のポイントは、「十分な量」です。その量は、人それぞれ違うんでしょうね。成功した人は、十分な量をこなした見なされる。けど失敗した人は、どんなに長い時間を費やしたとしても十分な量ではなかったと見なされる。世の中は厳しいです。

話がそれましたが、脳科学の権威茂木健一郎博士が、「」知性とは何か」について興味深い話をしている動画を発見。冗談を交えながらの軽快なトークは、流石といった感じがします。ぜひお時間あるときにどうぞ。

知性とは何か:茂木健一郎(5:30~)

infographic272_intelligence

参照元:http://fundersandfounders.com/9-types-of-intelligence/


9つの人の能力

1.ナチュラインテリジェンス:自然的

生物(植物、動物)と同様に、自然界の他の機能(雲、岩の構成)に対する感度を区別するための人間の能力

職業別適性知性:ハンター、飼育係、獣医師、自然保護論者

2.ミュージカルインテリジェンス:音楽的

音楽的知性は、ピッチ、リズム、音色、およびトーンを識別するための能力

職業別適性知性:ミュージシャン、作曲家、DJ、バンドディレクター

3.論理 – 数学的知能

論理数学的知能は、計算定量化、命題や仮説を考慮し、完全な数学演算を実行する能力

職業別適性知性:発明家、科学者、プログラマー

4.実存知能

人はなぜ生き、死ぬのかという人間の存在についての深い質問に、対処する能力

職業別適性知性:探偵、シャーマン、ヨガの行者、聖職者、超能力者、哲学者

5.対人知能

対人知能を理解し、他の人と効果的に相互作用する能力

職業別適性知性:アスリート、俳優、政治家、教師、ソーシャルワーカー、カウンセラー

6.身体、運動感覚インテリジェンス

身体運動感覚の知性は、オブジェクトを操作し、物理的なさまざまなスキルを使用する能力

職業別適性知性:アスリート、外科医ダンサー、役者、建設作業員、彫刻家

7.言語インテリジェンス

言語知性は言葉で考えると複雑な意味を表現し、鑑賞する言語を使用する能力

職業別適性知性:詩人、小説家、ジャーナリスト、作家、パブリックスピーカー、弁護士

8.イントラ個人的なインテリジェンス

イントラ個人的な知性は、自分自身と自分の考えや気持ちを理解するため、および計画で、そのような知識を利用する能力

職業別適性知性:精神的指導者、心理学者、詩人、セラピスト

9.空間知能

空間的知性は、3次元で考える能力
※空間的推論、画像操作、グラフィック、芸術的なスキル、およびアクティブな想像力が含まれます

職業別適性知性:船員、パイロット、彫刻家、画家、建築家、コンピューター・サイエンティスト、デザイナー