感情は色でコントロールできる!?コーポレートカラーの秘密

色彩感情ガイド

色と感情は密接な関係にあり、コーポレートカラーに使用される色は緻密に計算されていると言われています。企業のイメージ訴求には、どんな狙いがあるのでしょうか?

企業にとってコーポレートカラーとは、一瞬で企業イメージを伝えられるとても重要なものです。初めに目に入る色のイメージは、第一印象を大きく左右します。色の印象は、私達が思っている以上に見る人の心を動かし、大きな影響を与えています。

色の持つ不思議な効果

色には不思議な効果があり、無意識のうちに人の感情や人体に働きかけてきます。以下は各色の代表的な効果例です。

  • 黄色:気分を明るくする
  • 橙色:親しみが生まれやすくなる
  • 赤色:意欲的になる
  • 紫色:想像力をかき立て感性を豊かにする
  • 青色:食欲をコントロールできる
  • 灰色(シルバー):落ち着いた雰囲気を与える

色の持つ影響力

色は何かを判断するときに、選択する基準にもされます。雑貨や歯ブラシなどの生活用品、お菓子を選ぶとき、何となく色で決めたってことはありませんか。特に洋服や家具を選ぶときは、色のイメージが大きく影響していますよね。

色は無意識にイメージを作り出し、影響を与えます。企業側はその色の効果を研究し、消費者にさまざまなアプローチをしています。そしてそれは、複数ある商品やサービスの中から、自分たちのものが選ばれ、売上(収益)に繋がります。

企業だけでなく、私たち個人も一つひとつの色が持つイメージや効果を知ることで、今までにない新しい選択ができるかもしれません。そしてそれが、今まで見てきたものの見方や視野の広さが変え、いつもの景色が違って見えるかもしれませんね。

色が与える印象

インフォグラフィック:感情は色でコントロールできる!?コーポレートカラーの秘密

色彩感情ガイド

参照元:https://thelogocompany.net/blog/infographics/psychology-color-logo-design/


企業のイメージカラーに込められた思い

色彩感情ガイド

黄(イエロー)

楽観的・明快さ・暖かさ

橙(オレンジ)

友好的・陽気・信頼

赤(レッド)

興奮・若々しい・大胆な

紫(パープル)

創造的・想像的な・賢さ

青(青)

信頼・頼りになる・強さ

緑(グリーン)

平和、成長、健康

灰(シルバー)

バランス・自然な・落ちつき