スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還<登場人物相関図>

エピソード6/ジェダイの帰還

ジェダイの帰還」 はスター・ウォーズ シリーズ3作目で、ルーク・スカイウォーカー三部作の完結編です。シリーズ全9話の時系列でいうと6話目の作品。

公開当時映画の副題は「ジェダイの復讐」でしたが、「ジェダイの帰還」に変更されました。また1997年には、いくつかのシーンで最新CG技術を駆使して映像を差し替え「スター・ウォーズ/ジェダイの復讐 特別篇」が公開された。2012年から発売されているDVDは、さらに変更が加えられています。

ジョージ・ルーカスは、脚本を書いた時点でサブタイトルを「ジェダイの帰還」としていたが、監督のリチャード・マーカンドがその表現では弱いと指摘。その後「ジェダイの復讐」と変更された。しかし、公開直前になってルーカスは、「全宇宙一高貴なジェダイは復讐などしないだろう」と考え直し、最初のタイトルに戻された。
※日本公開では映画タイトルのインパクトを強くするため「ジェダイの復讐」として長い間公開されていた。

インフォグラフィック:スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還<登場人物相関図>

エピソード6/ジェダイの帰還

参照元:http://www.murera.com/starwars/


エピソード6/ジェダイの帰還主な登場人物

「エピソード5/帝国の逆襲」より1年後、ルーク・スカイウォーカーとレイア・オーガナは惑星タトゥイーンに向かいハン・ソロ救出。ルークは修行を続けるためにヨーダのいるダゴバに戻ったが、そこで衝撃の事実を2つ聞かされる。その後ルーク、レイア、ソロは、デス・スターのシードルを破壊するためエンドアに向かい、道中イフォーク族の協力を得て最後の戦いに。

そして、ついにルークとベイダーの宿命の対決に終止符が打たれる。

銀河元老院

  • ダース・シディアス(シーヴ・パルパティーン)
  • ケンダル・オッゼル
  • ダース・ベイダー

反乱同盟軍

  • レイア・オーガナ・ソロ
  • ギアル・アクバー
  • モン・モスマ
  • クリックス・メイディン

タトゥイーン

  • ジャバ・デシリジク・ティウレ
  • ハン・ソロ
  • ガモーリアン・ガード
  • ランド・カルリシアン
  • チューバッカ
  • C3-PO
  • ボバ・フェット

ダゴバ

  • ルーク・スカイウォーカー
  • R2-D2
  • ヨーダ フランク・オズ

エンドア

  • ウィケット・ウィストリ・ウォリック
  • レベルト トゥルーパー
  • イウォーク
  • ストームトゥルーパー

デス・スター

  • レベルト トゥルーパー
  • ストームトゥルーパー